2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 公明正大を基礎に | トップページ | 冷たい雨の朝 »

2013.11.17

飯寿し漬け~

~写真をクリックし、大きくて見てください~
 

昨夜は、日本一小さな映画館の第10回目のおまつりに行ってきた。
何とか映画館から映画の灯を消さないようにと、利用者有志による実行委員会が組織され、おまつりをしてきて10回目、手作り感いっぱいの楽しい時間であった。
 
今日の午前中は、体育協会理事の告別式があり出席、まだ若いのにガンで命を落としてしまってホントに残念だ。
ブログ友達の「にーけすまま」さんが大動脈瘤解離で急逝されたことを知った。
お二人ともまだお若いのに、返す返すも残念であり悔しい思いがいっぱい、ご冥福をお祈りします。
 
さて、今日は、この時期恒例のサケの飯寿しを漬け込んだ。
昨日から水道流水で血抜きをしていたサケを一口サイズに切り、酢飯、野菜などを、交互に飯寿し桶に敷き詰めていく。
今年の秋サケは不漁と聞いたので、早めに手配をして10月に6キロ(3キロ×2匹)を確保し三枚に下ろして冷凍してあったのだが、さて美味しく漬かるかな~happy01
Img_0918
 
 
今朝のmomoTAROH~
朝日がポカポカ暖かいのだよ~
Img_0911
 
 
momoのお持ち帰りのダミー、替わりピーピー円盤を与えたが、どうも咥え心地が今一のようなのだ。
Img_0915
 
 
TAROHは、momoのより一回り小さなピーピーを壊してならなくなった円盤の中央の膨らみを咥えようと悪戦苦闘~
Img_0917
S110/JPEG
 
先日、低気圧通過で全道的に低温が続き、アイスバーンでスリップ事故が多発した。
前の冬場、雪のない国からの観光客が、レンターカーで慣れない雪道を走行して死亡事故を起こしたことから、釧根レンタカー協会で「外国からの観光客が運転している」旨のステッカーを車に貼って貸し出し、少しでも事故を抑制しようとしているようだ。
このステッカーを後部ウインドーに掲出するとのことであるが、不慣れな雪道運転でスリップしたのが原因の事故が多いようなので、追尾する車に注意してもらうのもさることながら、観光客に雪道運転の危険性を認識してもらう方が先なのではないだろうか?
それにしても、自分の車の前後左右に注意を張り巡らし、自ら事故を起こさないことと、貰い事故に巻き込まれないようにすることだよね。
今年の冬場も、安全運転、無事故無違反で過ごしましょう。
         
   
    
ブログランキングに参加していま~す。
今日も 人気ブログランキングへ をポチッと応援よろしく~lovely
 
 

« 公明正大を基礎に | トップページ | 冷たい雨の朝 »

つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
道内どこへ行っても外国人観光客が多いです。
雪道を運転するはずのない地域から来られた外国の方は恐ろしいでしょうね!
できれば運転しないで欲しいです。
アイスバーンでのテスト運転してもらったほうがいいかも。

チャンスパパさん、こんばんは~

外国人観光客が大勢来てくれることは大歓迎ですが、どうもねぇ~
郷に入らば郷に従えってね、日本流の行動をして欲しいですね。
 
これから冬道になりますから、レンタカーを借りる前にアイスバーンで
運転練習をしてからにして欲しいですね。
 

こんばんわ~


だんだん寒い冬がやってきますね。
ガッシュ地方は、雪が多いのでなるべく根雪は遅くふってほしいと祈ってます。

サケの飯寿司ですか?
美味しくつかりますように・・・
毎年漬けてるのですか?
きっと、ベテランですね。
漬かりましたらお味の感想をまってまーす。

ガッシュママさん、こんにちは~

寒いですね、今日は大粒のアラレが大きな音を立てて降ってきました。
上空は晴れているのにね、きっと気流が荒れているのでしょうね。

サケの飯寿し、毎年少しですが漬けています。
冬場の大事な貯蔵食なものでね。
味が良く漬かったり、残念だったり、その年の気温やサケの良し悪しが影響します。
浜の方々は、毎年美味しく漬けているのに、なぜわが家は?ですよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59305/58593780

この記事へのトラックバック一覧です: 飯寿し漬け~:

« 公明正大を基礎に | トップページ | 冷たい雨の朝 »