2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« バトル~ | トップページ | 山奥の美術館~ »

2010.10.19

何が狂った?

~写真をクリックして見てくださいね~
 
朝散歩、何時ものように堤防を二頭曳きで歩いていると、「チリン・チリン」と聞き慣れない音が~
音に敏感なmomoが、音の聞える方向をガンミしているので、その先を見ると、対岸の柳の木やイタドリの茂みの間から、釣り人の姿。
なんと、わが家の前の大川でフライフィッシングをしている釣り人が、熊除けの鈴を付けて歩いていたのだ。
今朝の散歩で、熊除けの鈴の音に驚いたのに、朝のニュースで、更にビックリ~
これ、TVの画面を写したのだが、決して合成写真じゃない、現実の写真なのですぜ。
昨日、北海道東部の斜里町の街の中を、親子のヒグマがじゃれあって歩いるところを写したものだそうな。
ニュースでご存知のとおり、二頭とも射殺されたのであった。
Img_0145
 
 
熊出現は、北海道だけじゃない。
愛知県豊田市でも月の輪熊が射殺されているのだ。
暑い夏だったので、山の熊の餌になるドングリなどの成りモノが不作だとか、里山の荒廃で緩衝地帯がなくなり、熊が山から里に降りて来ると、直ぐに市街地になったからだとか、熊が人里を恐がらなくなったからだとか、いろいろ言われているが、やっぱり何かが狂っているのだよね。
Img_0142
7D+EFS10-22/RAW
 
 
今日、新冠町の山奥に、「太陽小学校」というのが有ったが、小学校の統合整理で廃校となり、処分を町のホームページで公募したところ、めでたく売却と相成り、「太陽の森 ディマシオ幻想美術館」がオープンしたので、見に行ってきた。
山の奥の、さらに山奥、当たり前に、あちこちに「熊出没注意」の看板が立っていた。
Img_3104
 
 
この看板なんて民家のすぐ側であった・・・恐いね~impact
Img_3105
IXY510is/JPEG
 
 
君達も、ダラダラ歩いていると、間違えられて鉄砲の弾が飛んでくるよ~
Img_0130
 
 
momo「あら大丈夫よ~ヒグマより上品なのよワタシ~」
あらあら、お上品が聞いて呆れますね、そのお顔~アハハ
Img_0132
7D+EFS10-22/RAW
 
ディマシオ幻想美術館については、後日改めて~
久し振りに山の中で道を間違えてしまい、延々と山道を走り回ってしまったよ~weep
      
 
ブログランキングに参加していま~す。
今日も 人気ブログランキングへ をポチッと押して応援よろしく~lovely
 
  

« バトル~ | トップページ | 山奥の美術館~ »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ホントに何かが狂ってますよね~
餌が少ないってのは大きな理由の一つでしょうが、いろんな理由があるんでしょう。
熊そのものの行動も例外的なことが多く、今年はやはり変だとか。

北海道はヒグマなので特に注意が必要ですよね。
と言っても、商店街まで出てこられたら気のつけようもありませんけど^^;

こんばんは〜★
市街地にヒグマの親子が現れましたか。。。。
先日も、他の方のブログで、ツキノワグマが射殺されたことを、書かれてあって、麻酔銃というわけにはいかなかったのか??と嘆いていらっしゃいましたが、ヒグマのこんな風景を見たのは初めてです。

仰る通り、何かがおかしくなっているのですよね。。。
今、食餌を摂取しないと、冬眠できないですから、クマ達も必死なのでしょうが、共存、なんとかならないものでしょうか。。。

7Dの活躍、大きくしないままの写真でも、違いがハッキリ分かります。凄い!これは大活躍しそうですね!
でも、重いのでしたね。。。私も一時期、D700を考えた事がありましたが、重さにギブアップでした。。。
TAROH君のグルーミングが益々映えてます!
shio-chanさん、凄いですよ!コツコツと勉強されてた甲斐がありますね☆どんどん腕を磨きましょう!

札幌市内の山の公園にも
熊出没注意の看板と奥へいけない規制の看板が立ってたりしますもんね~。
美術館、いかがでしたでしょうか~ぁ
 後日を楽しみにしていまぁ~す(∩_∩)

オーレの父ちゃん、お久し振りです~

>ホントに何かが狂ってますよね~
この異常さが心配ですよね。

>餌が少ないってのは大きな理由の一つでしょうが、いろんな理由があるんでしょう。
本州は猛暑でドングリなどの不作が理由といわれていますが、彼らの生活圏から一歩でると、そこは市街地という環境変化も大きな理由なのでしょうね。
里山の荒廃、北海道じゃ放棄耕作地の増加が原因とも言われています。

>北海道はヒグマなので特に注意が必要ですよね。
熊出没注意の看板、どう注意するといいのかが書かれていないです。
斜里町は、世界自然遺産知床の入口ですから、クマとの共生を目指していますが、街中をうろつき、人間を恐れないことに味をしめたクマは、山に戻してもまた出てくるのですよね。
射殺について、動物虐待のメールなどの苦情が来ているようですが、ヒグマの習性を知り尽くした現地対策スタッフの判断は正しかったと信じたいです。
 
KID君は元気ですか?
20日から琵琶湖方面へ南下しようと思っていましたが、準備期間が取れなくて来春に延期しました。
その時はKID君と逢いたいです~
 

B&Jさん、こんばんは。

>市街地にヒグマの親子が現れましたか。。。。
羅臼などでは漁師さんの作業所に入って冷蔵庫を荒らしたりと、毎年ヒグマ騒動がありますが、人を恐れなくなったり市街地に味をしめたヒグマは、山に追いやってもまた戻ってきちゃうので大変危険ですね。
ツキノワグマも人を襲った経験があると、次もまた襲いますから射殺はやむを得ないことだと思います。

>仰る通り、何かがおかしくなっているのですよね。。。
本州方面は猛暑で餌不足のようですが、北海道は山の餌となる木の実や山菜は豊富なので餌不足じゃないそうです。
市街地に興味を持ったか、簡単に残飯などを漁れる経験をしたのか、更には耕作地の放棄も、山と人間エリアとの境界がなくなっているのも原因だとか、なかなかヒグマとの共生は難しいですね。

>7Dの活躍、大きくしないままの写真でも、違いがハッキリ分かります。凄い!これは大活躍しそうですね!
5Dより10グラム重いですが、AFフレームの選択や動画の切り替えなど使い易くなっていますね。
さすがにAPS-Cサイズの最高峰というだけありますね。
 
>でも、重いのでしたね。。。私も一時期、D700を考えた事がありましたが、重さにギブアップでした。。。
短焦点の広角レンズで使うならともかく、明るい標準ズームを付けたらボディの重さなんて苦になりませんよ、それだけ最近のレンズは重いですから~

>TAROH君のグルーミングが益々映えてます!
そうですか、師匠にそう仰っていただけたら嬉しいです。
コートキングの効果大ですよ、あのモサモサのアンダーコートがすっきりと取れ、別犬になりました。
これからもがんばりますので、ご指導よろしくお願いします~
 

minpさん、こんばんは。

>札幌市内の山の公園にも 熊出没注意の看板と奥へいけない規制の看板が立ってたりしますもんね~。
もちろん浦河にも看板が立っていますから、ヒグマの個体数が増えているのが確実で、いつ目の前に出てくるか、危険な場所には行かないに越したこと有りませんね。

>美術館、いかがでしたでしょうか~ぁ
幻想美術ねぇ、どうも理解し難いですが、絵そのものは緻密でしたよ~
まぁ、話のタネに…廃校をネット公募で売却先を探したという地方公共団体に柔軟な考え方と山奥の美術館…遊びがてら足を伸ばしてみてください~
ヒグマに逢えるかもよ~ナハハ
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59305/49788896

この記事へのトラックバック一覧です: 何が狂った?:

« バトル~ | トップページ | 山奥の美術館~ »