2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.30

暴風雨が・・・

今日も一日、吹き荒れ、夜になっても和らぐ気配まったくなく、明日まで吹き続くことだろう。
そしてこの暴風雨は、寒さまでもひっぱて来たようで、寒いこと寒いこと・・・、風が熱を奪っていく・・・暖房をフル運転にしても温まらないのだ。

帰宅して、真っ暗な夜道をプリンカーズを首輪につけて散歩に行ってきたけど、momoは風の強さなど平気なようで嬉々として歩いているが、肝心のわたしは、風で帽子は飛ばされそうになるは、前に進むにも息が詰まるは、ふらつくはで、悪戦苦闘の散歩であった。

この風は、台風並みの強さで、浦河港で大型ケーソンを作っていた浮きドック船が傾いていた。
浮きドック船は、船体内に海水を汲み込み、喫水を低くして大型ケーソンを海中に浮かせて離船させる構造になっているから、バランスを取っている吸水バルブが故障したのではないかと報道されたけど、この強風と波浪に揉みくちゃにされて、船体上で製作中のケーソンが移動して傾いだみたいであった。

さて、momoが土曜日に飲み込んだビニール袋だが、まだ排泄されていない。
今朝、嘔吐したものの中にも混ざっておらず、便の中にも見当たらないから、獣医さんに状況を説明したところ、ビニール袋の口を結んであるから、袋が破れて中味が出ないと、胃の中に残っている可能性があるという。
また、破けないまま腸に落ちていくと、どこかに引っかかってしまう可能性もあって、便が正常に出ないともいう。
可能性としては、袋が破れないから、腸に落ちて行けずに胃の中に残っている確率が高いのではないか。
それならば、早く吐き出させてしまうほうがいいから、病院へ連れて来いというのだ。

今日は、月末で、日中に外出してmomoを連れて病院へはいけないから、明日朝までに出なければ、病院へ連れて行くことにした。
何とか出て欲しいものだ・・・。

2005.11.29

台風並みの・・・

暴風雨が、昨夜から今日一日吹き荒れていて、明日も引き続き大荒れの予報となっている。
これは、発達した低気圧が日本海から津軽海峡を渡りオホーツク海へ抜けていく、典型的な冬型の低気圧が通過することに伴う暴風雨なのであるが、今回は非常に発達した低気圧であったため、台風並みの暴風雨となったものである。
この低気圧が通過した後は、北から強い寒気が南下してきて、本格的な寒さになるであろう。

そんな訳で、今朝も今夜もmomoは散歩が出来ず、棲家でブイブイ不平たらたらである。
土曜日に誤飲したビニール袋・・・いまだに排出されず、毎日毎回、棲家に付属する運動場を隅から隅までチェックし、かつ、momoの尻尾を持ち上げて、はみ出していないかを確認することになるのだが、朝でも黒い身体に黒いビニール袋だから、相当良く見なければ確認できないし、夜ともなれば、懐中電気の光りを当てながらチェックしている。
傍から見れば、なんとも怪しげな光景に見えるであろう・・・。

051126-04昨日朝、散歩に出たら、何時もお会いする白いミックス犬を連れて散歩している佐○さんが、「先日はすみませんでした」と丁寧なお詫びの言葉をいただき、驚いて問いかけると、何と、息子さんが静内のドックランの責任者であるという。
いや~良かった・・・。 あの時、プッツンと切れて、がなり立てたりしないで本当に良かったと胸を撫で下ろしたのだった・・・ガハハ。
今日の写真は、静内のランで爆走してへばるmomo。

2005.11.27

午後から強い雨に・・・

今朝は、しばれた・・・水飲みも凍りつき、水溜りにも氷が張って、きびしい寒さであった。
朝の散歩は、3.5キロコースを回ってきたが、昨日のアクシデントも何のそので、ウヒョヒョ、ウヒョヒョと足取りも軽く、楽しい散歩であった。
散歩途中で、キジが5~6羽、何に驚いたのか「キキキ・・・」と大きな声を出しながら飛び立ち、通学路側の路肩に飛び込んできた。
その鳴き声と羽音に、momoは飛び上がるように驚いて、一杯にリードをひっぱていたのに、一瞬後には足元に擦り寄ってきていた。どうにも、意気地のないmomoであった。

今日は、職員の父親の葬儀があり、午後からの忌中びきにも参列、その間に町長選挙の投票日でもあって投票場にも出掛けるなど、出たり入ったりする都度、棲家からmomoが連れて行ってコールを発していた。
何とか天候が持っていたが、午後から雨になり、だんだんと雨脚が強くなってきている。
そんなこともあって、夕方の散歩に出かけられないmomoは、夕食を持っていったわたしに不平不満をぶつけてきた・・・夕食を食べたのに、「グウーブウーグウーブウー」と鼻笛を鳴らして付き纏っていた。

051126-20今日の写真は、散歩から戻り、一息ついた後で物置の中をうかがうmomo。
momoの足元の明るい茶色の物体は、どこからか落葉松の枯れ葉が飛んできて吹き溜まってしまい、掃除してもすぐにこの状態になってしまうのだ・・・。

2005.11.26

これが鑑札札ケース

051126-18 051126-19momoにかじられて、今にもリングから外れそうなプラスチックの鑑札札ケースである。
どうやら、このケースを鑑札と一緒に交付を受けるのは、momo地方のみのようであるから、紹介したまでである。
左は「狂犬病予防接種済票」、右は「畜犬登録票」である。

行ってきました・・・

051126-17momo地方に初めて出来たドックランへ・・・。
場所は、静内町目名・・・道道平取静内線を街中から桜で有名な二十間道路に向けて行く途中で、馬具販売店兼レストラン、ドックカフェが入る建物が新しく、カラフルなので、すぐに分かる位置にある。
そのハウスに付属して、小型犬用と大型犬用のドックランが作られていて、大型犬用は300坪位あるかなりの広さで、カフェからと外から入れるドアが設置されていて、もちろん、電子キーと二重ドアになっている。

051126-05 051126-08 051126-16今日は、偵察ということで、ビジター料金300円で遊んできたのだが、ウイペットの♂ワンちゃんに追いかけられ吠えられて、すぐに伏せて防御体勢に入るくせに、遊ぼうよ・・・と、ウヒョヒョなmomoであった。
コーギーちゃんが後から入園してきて、とっても物怖じしないいい子で、momoとご挨拶した後は、追いかけっこをして走り回って遊んでいた・・・。

ところが、チワワくんがやってきて、遊んでいるうちにうんPをしたのを飼主さんがビニール袋に取り、ベンチに置いて遊ばせていたのだが、そのまま、カフェに入ってしまった。
気になりながらもmomoの行動に気を惹かれ、写真などを撮っていたら、水飲みに寄って行った帰り際にベンチの上からビニール袋を加えて走り出したので、「いけない・・・」と大声上げながら、呼び戻しをしたが、反対側へ反対側へと逃げ回り、最初は咥えて遊んでいたのを、遂に飲み込んでしまった・・・。
その直後に捕まえてリードを掛けて、落ち着かせていたら、呼吸困難の様子を見せたので、みなさんにご心配をかけてしまった。
いまのところ、至って元気でけろりとしているが、たぶん、慌てて飲み込んでスーズに胃に入っていかなくて、おかしな呼吸をしていたのか、土曜日で12時を回っていたから、動物病院も閉まっていて、ドックランのお隣に居られる馬の獣医さんにでもとオーナーさんが駆け込んでいただいたのだけど、お留守であった。

小型犬の飼主の方の目線は、ベンチの上にまで・・・ということだったのだろう。
大型犬は、ちょっとしたテーブルの上だって届いてしまうから、大型犬の飼主の目線は、最低1メートル60センチまでは見ているのだと思う。
そこにギャップがあるのだから、大型犬が走り回っている中に入る場合は、目線をあげて管理して欲しいものである・・・。
こんな、アクシデントがあったけど、momoはまだまだ遊び足りないようで、棲家からわたしを呼んでいる。
これから、軽く散歩などさせてこよう・・・。

2005.11.25

11月11日から・・・

フードの切り替えを始めた。
理由は、バビーのころから軟便が続き、何度も検便してもらっても異常は認められず、慢性的なものかも・・・という獣医先生の診断を、このblogで愚痴ったところ、blogお友達(一方的にそう思っている・・・)のアーコ姉さんからご紹介いただいたフードに体質改善の期待を掛けて切り替えることにしたのだ・・・。

そこで、11月11日の朝食から、従来のフードに3分の1、新しいフードを混ぜて与えだし、徐々に割合を増やして18日からは、新しいフード100%に切り替わった。
幸いに、食いつきもよく、便の調子も徐々に硬いいい便の割合が上がり、今では7勝3敗程度の勝率で満足する「ブツ」の後始末に喜んでいるのだ。

その他にも、サプリメントやフード取扱店までご紹介いただき、早速販売店さんと連絡を取り、教えていただいたサプリメントを添加して与えているのだけど、旅行に出かけていて1週間ぶりにmomoを見た家内が、「momoの毛の調子がよくなったじゃない・・・」という。
そんなに早く改善なんて・・・と思い、改めて見たら、確かに毛の様子が違っているようなのだ・・・。

051106-02 051125-01左は11月6日、右が11月25日のmomoであるが、微妙に変わっているように見えるのは、フードのせいなのか、サプリメントのせいなのか、はたまた、冬毛がここのところの冷え込みで急に伸びてきたのか、定かじゃないが、確かに変化の兆しが・・・と喜ばしく思っている次第である。

2005.11.24

鑑札入れの・・・

プラスチックケースを噛んで壊してしまった。
先日、札幌のドックラン、バナへ行く際に、首輪に取り付けておいたのだが、車の中で、何かをカチャカチャ噛んでいたので、車を止めてみてみたら、何と鑑札ケースをボロボロにしていまっていた。
もう少し車を止めてみるのが遅かったら、完全に壊されていただろう。
町役場へ行って事情を話し、ケースを貰ってこなくちゃ・・・。

momoは、面白い習性を持っている。
棲家の中で、ウワン、ウワンと吠えているのだが、わたしの前では、食事前の催促なのか、感謝なのか、「ク~ワン」のひと吠えのみなのだ。

今朝、通学路で、いつも放し飼いにされているハスキー犬風のミックスが、盛んに山に向かって吠えていた。
山に何かがいたのだろうか、わたしたちが通っても、いつもならmomoに向かって吠えるのに、こっちを認めているのに、吠える目線は山に向いていた。

とにかく、momoは吠えられるのが嫌なのだ。
吠えているワンコを睨みつけるように、顔だけはワンコに向けて、身体はわたしの足にぴったりくっついて歩いているのだ。

momoに、「ほれ、ワンって吠えなさい・・・」とけしかけても、チラリとわたしの顔を見て尻尾を振るものの、相手に目線を釘付けにしている、それほど吠えるということをしない、争いごとが嫌いなmomoなのである。
これは、喜んでいいのか、どうなのか・・・判断に迷うこの頃である。

2005.11.23

選挙カーの大音量に・・・

ビビリまくっての散歩であった。
実は、momoっちの町では、昨日から町長選挙運動が始まったのだ。
現職対新人2名の三つ巴戦で、今朝は何時もより遅めに散歩に出て、途中で8時を回り選挙運動が開始となって、選挙カーの大音量にすっかりビビリ、わたしの足元にぴったりくっつき虫状態であった。
同じ付くにしても、横に付くのならいいのだけど、前に斜めにくっ付くものだから歩きづらいし、何度もmomoにつまずきmomoの足を踏んづけてしまった・・・。

どうもmomoは、音源を目視できないときに、ビビリ屋さんになるようだ・・・というのも、選挙カーが側に来ると平然として車を見て尻尾を振っているのだからだ。

散歩から戻ったときは、momoもヘロヘロなのに、リードを外してもらうと、またテンションが高くなるのか、棲家へ飛び込み、わたしが行くのを四足タップダンスで待っている。
時々、「まだなの・・・」と棲家から出て迎えに来るのだ。
そのときは、一目散にわたしに向かってきて、グルリと回ってまた棲家へ戻り四足ダンスなのだ・・・なんとも笑っちゃう・・・ガハハなmomoなのである。
今日の動画は、そんなハイテンションのmomoを公開してみよう。
「051123-V02.wmv」をダウンロード

2005.11.22

白鳥が・・・

051122-01夜明けの空を東に向かって飛んでいた・・・。

今朝、幾分寒さが緩んだのか、散歩もラクチン・・・
でも、時間がないので堤防を往復の短距離散歩になったが、
momoが爆弾投下場所の選定に忙しくしていると、
上空を「グワァ~グワァ~・・・」と白鳥が鳴きながら6羽編隊を組んで飛んでいった。
どこへ飛んでいくのか、momoに座って、待ってさせてカメラを出し、
大急ぎで上空の白鳥をパチリ・・・。
momoも、一丁前に上空を眺めていたが、白鳥を見ることが出来たのだろうか・・・。

051122-02momoは、うんP袋を咥えて「これはわたしが持って帰ります・・・」。
そんなに強く咥えたら、中味が出てきますけど・・・。

さてさて、昨夜はもの凄い大荒れであった。
雷を伴って、風と雨・・・、この大荒れに中でmomoはどうしているのか・・・。
合羽を着て、こっそり見に行ったら、小屋の中で丸くなって眠っている。懐中電気で照らしても、目覚めない・・・凄い図太い神経を持った娘である・・・(笑。

今朝の新聞に、静内町でドックカフェオープンという記事が出ていた。
館内ではじめての施設で、リードなしでワンコたちを遊ばすことが出来る広場も併設され、初日から愛犬家が集まって賑わっている・・・。
このような記事なのだが、どうもランは付録で、カフェが主みたいな書き方であって、思わず笑ってしまったのだ。
いずれにしても、momo地方から50分足らずの町にドックランが出来たのだから、今度の土曜日にでも偵察に行って来よう・・・。

2005.11.21

ドッグカフェ・・・

デビューは、冷や汗ものであった。

昨日の札幌のドックランに併設されているドックカフェで、昼食を皆さんとご一緒でいただいたのだが、まぁ、何とかなるさ・・・と、momoも一緒にテーブルに着いた・・・。
051120-31窓側の席に座らせていただき、momoを足の間に座らせ、窓枠に設置されたナスカンにリードを留めたはいいが、低いテーブルだから簡単に口が届いてしまう。
油断した隙にお絞りを失敬するは、メニューを咥えようとするは、食べ物を見て、わたしにも下さいビームを発するは・・・、わたしが口に運ぶもの全てに、「あっ、それ頂戴よ・・・」。
最後の手段で、momoの目を手で覆いながら、汗・汗の悪戦苦闘の末に、ようやくお昼にありついたのだった。
ドックカフェデビューは、まだまだ修業が足りません・・・ということを、露呈した結果に終わったのだった。

昨日の様子をご一緒いただいた minpさん と リーベ&ペペママさん のblogに、写真と一緒に公開していただいた。
お二人とも、とてもカメラワークがお上手で、活き活きとした写真を、わたしも見習らわなけりゃ・・・。

昨日の動画であるが、雰囲気だけ味わって欲しい・・・。
「051120-V02.wmv」をダウンロード

2005.11.20

ドックランデビューを・・・

051120-13果たすことが出来た。
blog仲間・・・と一方的に思っている、minpさんにご一緒願い、何かと教えていただくべく、現地で落ち合うことにしてあったが、真駒内を抜ける石山通を右折するタイミングを間違い、少々ウロウロして11時40分頃ドックランへ到着。
後を追うようにして、ほぼ同時にminpさんも到着し、駐車場で始めましてのご挨拶となった。

051120-07051120-09受付手続き後、施設の説明を受け、ドックランへ・・・。
minpさんちのMシュナ、ジジタン&クータンとmomoの貸切り状態で、リードを放すや否や、ジジタンとクータンに遊ぼうよ攻撃・・・ジジタンにあっけなく無視されて凹むmomoであったが、持ち前のウヒョヒョな神経は、少々のことではへこたれない。
3時間半余車に乗りっぱなしのmomoなのに、弾ける弾ける・・・
少しはクールダウンさせなくちゃと取り押さえたら、足元で雪の上に横になってゴロンゴロン。

次々に集まってくるワンコたちも、みんな小さい子ばかり・・・でも、momoだって「お子ちゃま」だから、追いかけたり、追いかけられたり・・・とても上手に遊んでいた、いやいや、遊んでもらっていた。

051120-15051120-22そんな訳で、momoは疲れを知らぬウヒョヒョ振りなのだけど、momoパパは、30キロ余のmomoが勢い余って踏みつけはしないかとハラハラドキドキ、カメラを出しても逆光だろうがまったく気がつかず写しまくったが、使えるものはほとんどなし・・・トホホな有様であった。

今回、お邪魔したドックランは、地価の高い真駒内の近くであり、決して広いとはいえないが、設備はすばらしいの一言、本当に至れり尽くせりと整っていて、ドックカフェもあって、いつも満杯であるそうな・・・。
近くなら、度々足を運べるのだけど・・・またの機会に、今度は大型犬が集まるときを狙って行って見たいと思う。

今回は、momoカー(ホンダホビオ)で行ったのだが、後席を折りたたむと荷台とフラットになるので、そこにバリケンの扉を外して積み込んで固定し、momoに好きなようにさせて行った。

行きは、運転席の後ろに座り込み、助手席との間の肘掛に顎を乗せてわたしの腕に鼻先を乗っけてまどろんでいた。
ほとんど寝ていたようで、信号で止まると、「どうしました・・・」と立ち上がり前を睨みつけ、満足したらわたしのホッペをペロリ・・・
また座り込み、寝そべって腕に鼻の頭をこすり付けてくるのだった・・・。

帰りは、ドックランから出て石山通に入り、間もなくバリケンに入り込み熟睡・・・鵡川インターを下りたあたりで目を覚まし、運転中のわたしに鼻笛を鳴らしながらくっついてくる。
富川ドライブインに立ち寄り、車から降ろして外の空気を・・・10分ほどウロウロして車に戻り、しばらく肘掛に頭を乗せていたのだが、外は真っ暗・・・見えないからつまらないのか、またバリケンにもぐり込み寝てきた・・・。
静内の街中で、突然、ガタンとバリケンを揺らして飛び起きて「ウ・・・ワン、ワン」と唸りを伴って大声で吠えた。
きっと、ドックランでの興奮を夢見ていたのだろう。
突然、耳元で吠えられたわたしの方が驚いてしまった・・・。滅多に吠えることがないmomoなのに、よっぽど今日のドックランは興奮したのだろう。

わが家には6時過ぎに到着し、簡単に散歩をして食事をしたら、静かに寝てしまったmomoであった。

2005.11.19

今朝も

アイスバーンであった。
とてもウオーキングシューズでは滑るので、長靴を履いて散歩に行ってきた。
さすがに、長靴で道路を歩くのは歩きづらいから、堤防の上の砂利道を歩いてきたが、海側には雲が広がっているけど、日高山脈の上は晴れていて、真っ白に雪化粧した山並みが美しかった。

明日、札幌のドックランでmomoがデビューする。
なかなか行けそうで行けなかったドックランだったが、今を逃すと雪のドックランになっちゃう・・・のだけど、明日の予報は雪。
その準備をしている間、momoを係留して、momoカーにバリケンを積み込み固定していたら、早く車に乗りたいと「ビービー」鼻笛鳴らしながら、尻尾を振り回してビームを発していた。
とりあえず、持参するものを思いつくままに取りまとめて袋の突っ込み、用意は出来た・・・。
あとは、カメラのバッテリーを充電して、カメラをバックに突っ込むだけだ。

2005.11.18

ネット公募で・・・

momo家の隣町のお店が、店舗新築設計書を全国から募って、某大学の教授の設計を採用をしたそうだ。
いま、新築物件は仕上げを急ピッチで進められているのだが、建築業者が、この部分はこうした方が作りやすい・・・とその教授に提案しても、まったく取り合ってもらえないのだそうだ。
お陰で業者は、手間はかかるは段取りを変えなきゃならないは、この年末に来ててんてこ舞いしている・・・と言う話しを聞いてきた。
時代は確実に変化しているのだが、momo地方でも、個人住宅兼店舗の設計をインターネットで公募する、それに某有名大学の教授が応募してくる、挙句の果てに、作業の効率化を否定するような設計を採用してしまう・・・何だかとてつもない時代になったものである。

それはさておき、今日も寒い・・・それでも今朝は、アイスバーンでないだけ助かった。
昨日の埋め合わせをする訳ではないけど、今朝の散歩は3キロコースの半分を脚側歩行で、残りを自由歩行で歩いてきた。
脚側歩行は、わたしのやや早足テンポで歩き、自由歩行は、momoのリズムでゆっくりかと思うと小走りにと、変化を持たせて比較的時間を掛けて歩いてきたが、昨日の朝も、今朝も、爆弾投下がないのだ。
その分、日中に運動場の隅に立派な爆弾を投下している・・・ということは、フードをチェンジして爆弾の改善が進んだことで、朝食後の散歩では投下する習慣も変える・・・と言うことなのだろうか、そうならば、「嬉しいぞ」と思うわたしなのである。

2005.11.17

アイスバーンで・・・

滑る滑る・・・momoに引っ張られると踏ん張れないぞ・・・。
昨夜の雪が凍り、アイスバーンの朝であった。
寒い・・・と、独り言を言いながら外に出て、momoの朝散歩に準備に取り掛かる。
051117-01ただでさえ、momoとの散歩には、あ~だ、こ~だと、答えが返ってこない問いかけをしながら歩いている、怪しいわたしなのだけど・・・今朝は、大きな声で「ゆっくり~、ひっぱちゃイケナイ・・・」とmomoにいいながら、それこそ身体を張って歩いてきた。

仕事で、天馬街道経由で広尾支店で10時からの会議に、わが家を7時45分に出発、アイスバーンとちらつく雪の中を天馬街道を登っていくと道路に雪の気配が無くなり、どんどんお天気になっていく。
最高点を越えて十勝側に入ると、いわゆる十勝晴れ・・・本当にいいお天気で、風すらないのだ・・・広尾支店での会議を終えて黄金道路をえりも町へ・・・、だんだんと風が強くなり、波も高くなってきたが、無事にえりも支店へ着いて1時半からの会議に臨むことが出来た。
ほぼ2時間の会議後、浦河へ向かって走る車窓には、荒れ狂う風と雪で、車載温度計で外気温は5度から3度へ下がっていく。
わが家に5時少し前に着き、それから朝、短距離散歩であったので、ブリンカーライトを点けて、いつもの夕方コースより長いコースを散歩してきたのであった。

今朝の写真は、堤防の上が雪で白く、日高山脈がきれいに見えたのだけど・・・。
下の動画は、散歩が短距離コースであったので、横の畑を爆走してストレス解放するmomoである。

「051117-V01.avi」をダウンロード

2005.11.16

その時トラックが・・・

疾走してきたのだ。
イヤハヤ驚いた驚いた・・・、滅多に車が通らない通学路で、いつものとおりmomoが爆弾投下姿勢に入ったので、ビニール袋に手を入れて、その手を爆弾庫の下に差し出し、momoの爆弾を受け止めていた最中の出来事であった。

位置的には、何時も通学路のど真ん中で爆弾投下をするmomoなのだけど、今朝に限って少し路肩寄りであって、しゃがんで受け止めているわたしの位置が、道路幅の3分の1付近で、トラック側にとっては、ギリギリ通れるかどうかの位置であった。

トラック、中型のトラックであったが、急ブレーキ・・・わたしはmomoの首根っこを右手で抱きこみ、左手はビニール袋に突っ込み、大事に爆弾を握り、路肩に飛びのいた・・・。

トラックを運転していた方は、顔見知りであって、窓から顔を出して「いや~大変ですね・・・」と・・・。
051116-02なんとも大変な格好に見られたようで・・・「すみませ~ん」と謝り、左手に握り締めた(幸いにこの時も硬い ♪)爆弾を袋をひっくり返して処理して、例のアンパンマン巾着に仕舞い、散歩を続けたのだった。

わが家の物置の前で・・・賢人のような顔をしているmomo。

2005.11.15

津波警報が・・・

朝の散歩中に発令された。

丁度、玄関で靴を履こうとしていたとき、地震が来た。
居間のドアがカタカタと音を立てたので、地震であることが分かったのだが、これが外に出ていたら、感じなかったであろうほど、静かな揺れであった。

地震を気にすることなく、momoと散歩に出かけて、いつものコースを通学路までは脚側歩行で・・・最近とてもいい子で歩いていくのだ。
通学路に入ったら、周囲に民家がないので、リードを長くして匂い嗅ぎを許し、あっちに行ったりこっちに行ったりの蛇行歩行になるのが何時ものパターンである。
まもなく爆弾投下体勢に入るのだが、今日はそろそろ体勢に入ろうかというときに、災害警報システムから、チャイムの音と津波警報発令に放送が聞こえてきて、momoは、その音に反応して体勢を解除してしまった・・・。

家に戻り、テレビを見ると、津波の第一波が大湊、宮古などに到来したと告げているのを見て、blog仲間で宮古の「へなちょこ日記」のさんごさんのことが頭に浮かぶ。
テレビの報道では、20センチの津波というけど、さんごさんの父上は、定年でリタイア後、漁船を購入されたとうかがっている。
普通、津波警報発令と同時に、港にいる船舶は港外の海上に避難する。
これは、津波の波高だけの問題ではなく、思わぬ落とし穴もある海の上だけに、さんごさんの心配もまた大きいことだろうと・・・。
その上、さんごさんの勤務先は、防波堤の外側にあるそうで、何度も津波に痛めつけられた過去を持つ宮古地方であるから、心配なのだ・・・。
その後のテレビ報道では、メートルを越える大きな津波は無かったようなので、まずは良かったと思うのであった。

そんな訳で、今朝も昨日を上回る寒さであって、元気に散歩をして帰路に着いたとき、上空を北から南に向けて、白鳥が一列に並んで15羽、低空で飛んでいった・・・それカメラ・・・と思ったが、朝の夜明けが日増しに遅くなり、十分な光りが回らなく、昨日のようなフラットな写りになってしまうので、カメラを持たないで出掛けたのだ。
そんなことで、今日は写真はなし、なのだ・・・。

2005.11.14

ウヒャ~

今朝は本当に寒かった・・・。
テレビでは、11月下旬の寒さだといっているが、momoの棲家のステンレス食器の水が凍り、庭には霜が下りていて寒かった。
凍りついた水入れに怒りをぶつけたのか、板張りの上に氷のかけらが散らかっていた。
滅多に水入れをひっくり返したりしないのに、今朝はよほど怒り心頭に達したようで、棲家に入っていくと「フウ~フウ~」と鼻笛を鳴らしながら、四足ダンスを踊っていた。

051114-01散歩道の路肩の草も、今朝は霜で真っ白・・・葉っぱはみんなしんなりしていて、このまま立ち枯れてしまうのかな・・・と思ったのかどうか、momoも神妙な顔をして座っている・・・。

実は、嬉しいことがあった。
金曜日から、今まで使っていたフードにアーコ姉さんご推薦のフードを混ぜて給餌を始めたのだ。
今まで、バビーの時からうんPが軟らかめであって、これがいまだに続いているのだ。
この軟らかめのうんPというのは、処理するときはもちろん、スルスルと出てしまうから肛門線を刺激してうんPと一緒に放出しないと言う心配もあって、このblogで採り上げたことがあった。
その時にアーコ姉さんから教えていただいたフードを混ぜているのだが、昨日の散歩時の落下物、今朝、運動場の隅から採取した落下物、今朝の散歩中の落下物、いずれも今まで経験したことのない、別ワンコのような、硬い落下物であった。
まだ半分づつの混合で、3日目でこんなに変化が出るとは・・・たまたまかとも思うけど、硬いのに憧れ?ていただけに非常に嬉しい出来事なのであり、このまま続いて欲しいと願うのであった・・・。

今日一日、momo地方では南西の風が吹いていて、海は鉛色に近づき、いよいよ冬の海の色に変わり、波頭に白い兎が飛び跳ねていた。
冬型の気圧配置になっているから、まだ数日、この寒さが続くのだろうし、そろそろ朝の散歩に着ていくものを、冬仕様に変えなくちゃならないのかな、でも、着すぎると汗をかくし・・・丁度いいというのは、本当に難しいものだ。

2005.11.13

ひぇ~明るい・・・

昨日、安さに釣られてペットプリンガーを2セットも購入したことを記事にしたが、早速、今晩の散歩に使ってみたのだ。
まったく「ヒェ~!」の明るさで、まともに見たら目くらましを食らったようで、しばらく目がチカチカしていたほどである。
今までのは、点きっぱなしだったが、このライトは、赤白青の三色のフラッシュ・・・交互に点滅する方式で、凄く目立つのだ。
momoも、最初、「これなあに?」と、びっくりしていたが、すぐに慣れてトコトコと歩いていたので、闇夜の散歩の力強い見方が手に入った・・・と、喜んでいる。

毎朝の行事・・・

毎朝、散歩から戻って、しばらく家の前でまったりしてから、棲家へ戻るのだが、毎朝、一つの行事があるのだ。
家の前で、リードを外し、「ハウス!」の命令でハウスへ飛び込んでいくのだが、わたしが棲家まで行く間があり、何度か見に走ってくるのだ。
先に棲家へ入っているmomoが、わたしが棲家に向かっていることを確かめるように駆けてきてはユーターンしてまた棲家へ入り、また確かめに飛び出してくる・・・その繰り返しが定番の行事になっている。

今朝の散歩が遅かったので、秋晴れに誘われて、4キロコースの途中から線路を越えて中学校まで通学路を歩いてきた。
さすがにmomoも、パパも疲れていて、早々に棲家へ戻したのだが、お天気なのでカード型デジカメをムービーにセットして、棲家の前で立ち止まって、定番の行事を写してみた。
デジカメのセットをしていたりしたので、いつもより時間がかかって、momoも痺れを切らしたのか、何度か飛び出しては走って戻りを繰り返していて、カメラを構えたら、「まだなの~」と言うように飛び出してきて、わたしの身体にタッチしてユーターンして棲家に戻るmomoを写したのだが、棲家に飛び込み、身体をひねって座ってこっちを見るところまで写したつもりが、中途半端なところで止まっていた。残念だ・・・(泣。

「051113-V01.AVI」をダウンロード

2005.11.12

安さに釣られて・・・

051112-04ペットプリンカーズを予備電池付きで2セットも買ってしまった。
真っ黒くろ介のmomoには、散歩ランプは必需品だし、今使っているのが電池交換時期に来ているのだけど、ちょっと交換が厄介そうなのだ。
やむを得ず、雑誌の付録のど派手なランプを使おうと思っていたとき、アイア○バ○ンさんのメルマガで予備電池セットで特価販売しているのを知り、注文したのだ。
これで、しばらくは夜の散歩も安心して楽しめるだろう。

今日は、夫婦でインフルエンザの予防注射をしてきた。
予防注射をしておくと、インフルエンザに罹る確率が低いから、例年予防注射をしてもらっている。
その足で、momoを病院へ連れて行き、涙目の相談と爪きり、耳の診察、体重測定をしてもらってきた。
涙目は、目薬を変えて様子を見ることにした。
体重は、前回が31.5キロであったのが、今回は30.5キロと1キロ減量で、このくらいの体重がベストだろうから、冬場も維持するようにと言われてきた。

051112-03そのあと、苫小牧の訓練所に行ってきた。
家を出たのが10時半を回っていたので、午後1時過ぎに訓練所に到着し、訓練士の杉山さんがmomoを見るなり「わぁ~スリムになったね・・・」と。
訓練広場で、アジの道具を使わせてもらって遊んできたのだが、山形の障害を見るなり走って登り下りして、バーを飛越、体重が軽くなった分、動きも軽やかで、momo自ら何度も挑戦して満足したようだった。
今日は、初めて高さのある橋を渡る練習をして、渡れるようになった。

脚側歩行だが、訓練士がリードを持つと教科書どおりにやってくれるのに、わたしがリードを持つと身体半分、前を行くmomoである。
よ~し、明日から、またビシバシ鍛えるぞ・・・覚悟して置けよmomo介め・・・。

2005.11.11

覚えていたのか・・・

いつも給油するガソリンスタンドの前を通るとき、事務所に熱い視線を送りながら尻尾を振りながら歩いている。
このスタンドのお兄さんは、momo連れで給油するたびに、momoを撫でてくれるのだ。
前を通過するmomoの熱いビーム光線を感じたのか、事務所からお兄さんが出てきて「momoちゃん・・・」と声をかけられて、すっかり嬉しくなってグイグイ引っ張って寄って行くのだ。 もちろん尻尾は千切れんばかりに振っていて、頭を撫でられてお兄さんの足元に長々と寝そべってしまったのだ。
時々、momoを乗せて給油に行くスタンドの、そのお兄さんだけをちゃんと覚えていて、事務所を覗き込むようにしているのだ・・・。 この子は、けっこう頭が良いと思うのだが・・・(爆。

昨日のことだけど、朝食を棲家に持って行くとき、いつもは物置に置いていくリンゴを餌の器に入れたまま棲家へ入っていった。
アッと思い、リンゴを棲家の屋根の梁の上に置いて、餌を食べさせてから散歩に出かけたのだが、小一時間後、戻ってきて、家の前でリードを外し「ハウス!」と命じたら、一目散に走っていってリンゴを載せた梁を仰ぎ見るようにして座っていた。 何時もなら、その辺をうろつき、わたしが棲家に着く頃に棲家へ飛び込んでくるmomoなのに、リンゴを梁の上に乗せたのを覚えていて、「ハウス!」で棲家へ入ると貰えるということを知っているのだ。
凄いよ・・・こと、食べることに関しては・・・。

051109-02今日の写真は、長~い長いmomoの舌を偶然、写しちゃった。

2005.11.10

今朝も・・・

寒かった・・・。
日の出の時間が、午前6時15分だから、6時はまだ薄暗く、外に出る気持ちになるのは6時半頃で、東の空が明るく、小山の上に太陽の顔が見える頃なのだ。
そんな訳で、散歩に出ても、まだ十分に光りが回りきらないので、写真を撮りずらいこの頃であるから、昨日の山脈の写真も、もう少し太陽が昇ると稜線がハッキリしてくるのだけど。

今朝も、しびれるほど寒かったが、寒くなるとmomoも朝寝坊になるのか、「うわん、うわん・・・」と吠えて呼ぶ時間が遅くなっている。
今朝のmomoは、通学路の路肩の草に残っていた雪をパクパクと食べながら、寒さも何のその・・・というような張り切りようであった。

散歩を終えて棲家に戻って、大好きなリンゴを貰い、ガブガブバリバリ・・・あっという間に一個平らげてしまった。
誰も横取りしないのだから、もっとゆっくり味わって食べて欲しいものだ・・・。

「051110-V01.AVI」をダウンロード

2005.11.09

初冠雪に初雪が・・・

一度にやって来た。

051109-01今朝の散歩で、日高山脈の初冠雪を確認して、お昼には初雪を観測できた。
同日に、両方を観測できたのは記憶にないから、珍しいことなのだろう。
momoに「座って、待て」をさせて、初冠雪の山脈を写したのだけど、コンパクトデジカメ、それもカード型では、残念ながら前景のmomoも、遠景の山脈もシャープには写せないのだが、雰囲気だけは分かるだろうか・・・。

昨夜来の強風で、momoの棲家の屋根の梁に乗せておいた庭箒と夏場に使っていた殺虫剤フマ○ラーが落ちて、殺虫剤の缶は歯で穴を開けて中味は全部放出・・・、庭箒は柄をかじって炉箒になってしまった。
無残な殺虫剤の缶を見たとき、ドキッとしたが、残量がほとんど残っていなかったから、歯で穴を開けた瞬間に全部を空気中に放出してしまっただろうが、momoに影響がなくてホッとした。
その他の被害は、手作りの温室の戸が風で飛ばされていたくらいで、大きな被害はなくてよかった・・・が、今夜も外は強風が吹いている。一体何時になったらこの風が治まるのだろうか・・・。

例年、まだ早い・・・と、タイヤ交換を引き延ばし、雪が積もって大慌てするので、今年は何時道路がアイスバーンや圧雪状態になっても慌てないようにと、明日、タイヤ交換をしてもらうことにした。

2005.11.08

そろそろ・・・

momoの食事量も、冬仕様にしなくちゃ・・・。

今日も強風が吹き荒れて気温が上がらない一日だった。
その上、午後遅くなって、強風に加えて雷雨まであって、今夜の散歩は中止をしたのだが、TVで今夜は、山間部は雪になり、峠越えは冬タイヤが必要だと、繰り返し放映している。
明日もまた、気温は低いようだ。

ところで冬場は、寒さのために熱量を多く消費するので、ワンコの食事量も2割り増しで与えなくちゃならないようだ。
momoも、昨年の冬場は、2割り増しの食事を与えていたが、成長期であるから、何の心配もなく与えていたけど、今度の冬には、冬場増量も太らないように注意しながら与えなければならない。
簡単に、太らないように・・・と言ったって、外形的に変化がわかったときには、もう手遅れであろうから、定期的に体重測定をしながら食事量を調整していかなくちゃならないし、やっぱり冬場は大変だよね。

一日の食事量を朝晩に分けて与えるのだが、朝はわたしで夜はママだから、カップでの目見当では具合が悪いし、さりとて、毎回秤で計量して与えるのも神経質すぎると思うし・・・頭が痛いのだ。
来週あたりから、2割り増し給餌を始めることにして、再度、カップでの容量を計量して、同じ目見当にしても大きな違いがない程度・・・アバウトだけどね・・・で、ことを進めて行きたいと思っている・・・。

2005.11.07

外は大荒れ・・・

一晩中、大雨を伴って風が吹き荒れまくったのに、まだ風が吹き荒れている。
室内にいても、風の吹く大きな音が、唸りが、聞こえている。
まるで真冬の猛吹雪のように・・・。

今朝は、バケツをひっくり返したような雨と横殴りの風で、momoの散歩は取りやめだ・・・棲家の板張りも雨でびしょ濡れで、せっかく昨日シャンプーしたといのに・・・敷物のシーツもぐっしょりと雨水を含んでいる。

昨夜、何気に古いパソコンのハードからコピーしたCDを閲覧していたら、momoの生まれた翌日、2004年6月25日に放送されたTV-tokyoのワールドビジネスニュース(WBN)のアドレスを見つけた。
丁度、延期されていたペイオフ解禁を前に、外資系の格付け会社が初めて業界各社を格付けして公表したことから、業界内では大騒ぎ、世間にも話題を提供したものだった。
その頃、業界の全国大会があり、その会場にTV-tokyoのWBNのクルーが乗り込んできて、わたしもインタビューを受け、その日の夜遅くに全国放映されたのだった。

あちこちの友人や親戚、取引先から「見たよ・・・」って、留守宅や会社に電話などをいただいたが、その本人は、東京のホテルで熟睡していて見そびれてしまったのだ。
戻ってから、録画をと思っても、局サイドは録画を社外には出さないというので、結局見ず仕舞いだった。

その後の顛末は、しばらく経って、知人から「Webに残っている・・・」とアドレスを知らせていただき、ようやく見ることが出来たのだが、そのアドレスをフロッピーに見つけ、しばらく振りに当時を思い出したのだ・・・。
まぁ、ど~ってことのない、独りよがりの思い出話しなのだけど・・・もし、お暇なら、↓を覗いて見てくださいな・・・。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2004/06/25/news_day/n2.html

東京から戻ってメールチェックをしたところ、次に生まれるFCRを予約していたブリーダーさんから「無事に生まれましたよ・・・」と、嬉しい知らせが入っていて、早速、正式申し込みをしたのが、今ここにいるmomoなのである。


2005.11.06

さすがにもう・・・

外でmomoをシャンプーするには気温が低すぎるので、今日は浴室でシャンプーをした。

朝の散歩を済まして、遅い朝食をとったあと、momoのシャンプーを外でするか浴室でするか悩んだが、良いお天気だけど少し風もあり気温が低いし、わたしも風邪が治ったばかりなので用心をして、浴室でのシャンプーを選んだ。

早速、洗い場にスポンジの滑り止めマットを敷き、脱衣所にタオルケットを敷き、更に茶の間にmomo用のL版どこでもマットを敷き、湿式超吸収タオル、シャンプーなどなど用意万端整える。
靴下を脱いでからmomoを玄関に連れてきて、31.5キロの身体を抱きかかえて浴室まで運び、洗い場のマットの上に座らせ、待てをさせて、下着だけになって洗い場に入り、momoの身体全体をぬるま湯で満遍なく濡らしてから、洗面器に溶かしておいたシャンプーでゴシゴシとマッサージしながら泡立てていくのだ。

その間momoは、嫌がるでもなく、されるままなのだけど、腰掛に座っているわたしの足の間に身体を摺り寄せてきて肩の上に顎を乗せて「ウフウ・・・」と、吐息ともため息ともつかないうっとりとしている。お陰でわたしは全身ずぶ濡れ・・・いつものことながら、momoのシャンプーを終わった後始末を兼ねてわたしもシャワーを浴びなきゃならないことになっちゃうのだ。

シャンプー後、タオルケットの上で超吸水タオルでタオルドライ・・・あらかた水気を拭き取ってから茶の間に連れて行き、専用のどこでもマットの上に座らせて、更にタオルドライを続ける・・・というのが、わが家の手順なのだ。

051106-03momoは、家の中に入れるのは、浴室でシャンプーをした後だけのことであるから、ローカを歩くのが気後れするようで、脱衣所から茶の間までのローカは、首輪を持って引いてこなくちゃならないのだ。

憧れの?茶の間に来ると、どこでもマットにスリスリするは、寝転ぶは・・・このマットの上だけは、自分のエリアとわきまえているようなのだ。
ちょうど、全日本学生駅伝の中継中で、TVに見とれるママに「おりこうさんにシャンプーしたから、何かくださいよ・・・」とおねだりしたり、不思議そうにTVを見たり、マットの上からはみ出さないように、行ったり来たり・・・。

その間に、後片付け方々シャワーを浴びに茶の間からいなくなると、わたしを探してマットの上から絨毯に移り(フローリングの上を歩かないのだ・・・)、首を長くしてローカの奥を見ながら「クウ~クウ~」と泣きながら探している。
どうもこれじゃ、ゆっくりシャワーも使えない・・・後片付けもそこそこに・・・。

051106-05 051106-10先日、アイアンバロンさんから取り寄せたTシャツ・・・着せてみたのだが、少し小さいのだろうか・・・お腹周りは余裕があるのに、着丈が短いような・・・。
浴室の後片付けが半端であったので、Tシャツを着せて外に係留しておいて、後片付けを済ましたのだが、シャンプー前に丁寧にブラッシングをしておいたのに、抜け毛が凄い・・・。
家の中、そこらじゅうmomoの毛だらけだとママに小言を言われたが、ほんとうに凄い抜け毛であった。

2005.11.05

今日は

暖かだった・・・ので、朝の散歩も、久しぶりに汗をかいてしまった。

051105-01 051105-02朝、6時過ぎに玄関を出ると、棲家からジ~ッと見つめているmomoの目線を感じるのだ。
「ホ~ィ・・・」と一声掛けるとスイッチが入り、「ウワン、ウワン・・・」と吠えながら、棲家の板張りの上を「欽ちゃん走り」で行ったり来たり・・・。勢い余って鉄板の塀に飛び上がってキックターン・・・どんどん喜びがエスカレートしていくのだ。

餌と水とリードを持って棲家へ入ると、今度は板張りの上で足踏みダンスのステップを踏み始める・・・「ハァ~イ、座って!」と命じても、四足ダンスは治まらない。
ひとしきりダンスをしてから、ようやく座って「ヨ~シ」の命令を待っている・・・が、餌のボールを置くや否や、待ち切れなくて飛びついてがっつき出す・・・のだ。
きちんと、待てをして、コマンドに従って食べるように・・・と、毎朝、毎晩、momoとのバトルが続く今日この頃である。

今日の写真は、係留されたリードが身体に巻きつき、いじけている?momo。棲家の破壊状況が見て取れる。
もう一枚は、すっかり色づいた小山の前で待てを命じたが、momoは脱走して写っていない、間の抜けた写真。

2005.11.04

早く、早くと・・・

走ってくる小学生を見つめながら、尻尾を振っている。

051104-01今朝、散歩から戻ってきて、家の前の歩道からバケツの水のところへ一目散に走っていくのに、今日は歩道の上に座り込み、目を輝かせてこちらに走ってくる小学生2人を見つめながら、尻尾をブンブンと振っているmomoなのだ。
小学生の女の子たちが近づいてきて、「わ~かわいい・・・」「撫でてもいい・・・」と聞くので、「いいよ・・・」といいながら、飛びつかないようにリードを抑えながら座らせると、かわるがわる頭を撫でて、「わ~、ツルツルだ・・・」「サラサラの毛なのね・・・」と感想を述べてくれる。
「黒くて大きいけど、怖くないの・・・」と聞いてみると、「かわいいから、怖くない・・・」のだそうだ。かわいくない子は、怖いのだろうか・・・なんて考えが頭をよぎる、ひねくれおじさんであった。

今日の写真は、なでなでされてご機嫌のmomo。

2005.11.03

特異日なのに・・・

午後遅く、雨が降ってきてしまった。
今日は文化の日で、例年晴れの日が多い特異日なのだ。
そんな晴れた気持ちのいいなか、10時から町功労者表彰式があり、拍手要員として動員されて式場に出かけ、結局、午前中を潰してしまった。

午後から、何かと片付けなどしているうちに3時を回り、そろそろmomoと遊んでやらなくちゃ・・・と、散歩に出かけたら、パラパラと雨が落ちてきて、そのうち強く降りだしてしまった。
大急ぎで散歩道を戻ってきて、momoの身体を拭いて棲家へ。
こっちは、トレーナーがずぶ濡れ・・・今日は特異日のはずなのに・・・トホホ。

051103-01という訳で、今日の写真は撮れなかったけど、お散歩ライトの予備をご覧に入れよう。
このライトは、某イヌ雑誌の付録でして、ご存知の方も多いと思うが、まだ、わたしは未使用であり、どのような光り方をするのかは分からない。

2005.11.01

アハハ・・・今朝も

寝坊をしてしまった。
目覚ましは、夏場と同じに5時半にセットしてあり、一度は目を覚ますのだが、まだ真っ暗なものだから、「あと、もう少し・・・」って、うとうとしているうちに、遠くでmomoが「起きて・・・」コールをする声で気づけば、もう6時を回ってしまっている。
ベットから出て、着替えをして暖房ボイラーのスイッチを入れて、震えながら顔を洗い、momoとの散歩の服装を身にまとい、ようやく東の空に陽が登る気配を感じながら棲家に行き、食事を与え掃除をして水を取り替え、リードを付けて家の前に引いきて、散歩に出かけていくのだ。
散歩に出て歩いていると、もう寒さは感じなく、気持ちよくmomoと会話をしながら・・・とは言っても、一方的に話し掛け、返事のない会話だけど・・・脚側歩行が出来たりできなかったり、引っ張られたり引っ張ったりしながら、その日のコースを歩いてくるのだ。

朝の散歩は、起きるのが辛いだけであるが、夜の散歩は、一日の疲れもあって気が重いのだ。
特に、風邪引きのときは実に辛い。身体もだるく、momoが吠えないときなどは、「今日はパス・・・」って思っちゃうことが度々で、特に日が短くなって寒く、暗い、この頃は・・・。
これって、横着? それとも薄情? でも、落ち着かないの・・・結局、身支度を整えて、懐中電気をもって、「ちょっと歩いてくるよ・・・」ということになるのだ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »