2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

ギャフン・・・

050331-1050331-2050331-3昨夜の雪は、畑やお庭が少し白くなった程度ですみ、今朝は雪かきをしなくても済んだのよ。
それでね、パパは雪かきするつもりで早起きしたけど、肩透かしを食ったといいながら、海岸へ連れて行ってくれたの。
昨日まで海が大荒れだったせいで、砂浜に大きな段差が出来ていて、高いところはパパの背丈くらいもあったのよ。波打ち際とその段差の間なら、リードを外しても上の段には上れないだろうからと言いながら、パパはリードを外してくれたから、その段差を登るのにチャレンジしていたら、何とかよじ登れたのね。
わたしが意気揚々と段の上の原っぱを、あちこち嗅ぎまわっていたら段の下からパパが呼ぶので見たら、カメラを構えているのが砂浜の続きのように見えたのよね。「よし、パパに飛び付いてカメラをくわえよう・・・」と思い、勢い良く駆けて行ったら、高い段差になっているのよね。もう止められないから、そのまま「えいっ」とばかりに飛んだら、下の湿って固くなった砂の上に叩きつけられるように落ちてしまったの。胸はギャフンというくらい打ち付けて息も出来なかったし、前のめりに着地したから口の中に砂が一杯入ってしまったし、わたし死ぬかと思ったわ。
パパが心配して胸をさすったり、足を触ったり、口の中の砂を手で掻き出したりしてくれたけど、しばらくゲボゲボしていたのよ。とにかく驚いて、早くお家に帰って口を洗いたい一心で車の駆け戻ったわ。

お家に戻ったら、パパが畑に穴を掘っているの。
まだ土の中が凍っていて、スコップでは浅い穴しか掘れないからっていいながら、ツルハシで掘りながら深い穴を掘ったのね。
何だと思ったら、今朝ki-yoオババが可愛がっていたセキセイインコが老衰で逝ったのだって。そのピーコを埋葬する穴だったのよ。ki-yoオババがかわいそう。

今日の写真:左・段差を駆け上がりにチャレンジ。中・段差を飛び降りたショックを克服して。右・雪も積もらず気持ちのいい朝。

2005.03.30

首輪紛失事件の顛末

050330-2先日、新しくして半月も経っていない首輪が紛失した事件があったけど、本当は、棲家で敷物に首を擦り付けていたら、首輪がすっぽ抜けてしまったのよね。
首輪やリードをかじるのって大好きだから、一日中かじりまくっていたら、ほとんど食べてしまったと言うのが本当のことなのよ。
パパが驚いて、首輪をどこになくしてしまったのかと、あちこち探していたけど、棲家の外に金属がついている部分だけ落としてしまったけど、行きがあったから見えなかったのね。わたしも探して、切れ端を見つけて持ってきたら、それをパパが取上げて、道理でmomoのうん○が赤かった・・・と、驚いていたの。
今日は、風が強く海も大荒れなので、海岸のお散歩を諦めてお家の周りでかけっこをして、見つけた首輪の切れ端を並べて写真を撮ったのよ。結局、写真に写っていない部分をわたしは食べてしまったのね。そして赤い染料だけが排泄されたみたいね。残りの皮は消化したのかなぁ・・・。

今日の写真:新しいのを買う前にしていた首輪より、一回り大きなのを買ったのにこの有様だ。皮製の新しい首輪は、半月も持たなかった訳だ。

2005.03.29

春の雨・・・

天気予報は雪だったけど、夜半から明け方にかけて雨が降っていたの。
6時前にその雨も止んで、今朝も何時もの海岸へお散歩に行ってきたのよ。雨に打たれた砂浜は固くしまっていて、昨日の朝の凍った砂地とは、また違う足裏感触だったわ。
早朝の雨上がりの空気を味わいながら、今日もリードをつけたまま、パパと一緒に右に左に匂いを嗅ぎながら散歩をしていたら、突然北きつねが目の前に飛び出してきたので、「ガウガウ・・・」と唸りながらリードを一杯に引っ張って対峙したのよね。パパは「それ行け、ワンと吠えろ・・・」とけしかけるけど、北きつねをはじめて見たわたしは胸がはちきれそうなくらいドキドキしていて、きつねがす~っと目をそらし逃げて姿を隠したとたんに緊張が解け、慌ててパパの後ろに隠れ、すぐにユーターンして来た道をハァハァヒィヒィいいながら引っ張って戻ってきたのよ。
北きつねは、ずるそうな目をして、汚く痩せこけた姿をしていて、もう二度と会いたくないわ。
お家に戻ってしばらくすると、また雨が降ってきたのよ。久し振りの雨で、一雨ごとに春が見えてくる、春の雨なのだそうよ。

2005.03.28

砂地も凍って・・・

050328今朝は少し冷え込み、寒かったわ。
何時もの海岸へ早朝散歩に連れて行ってもらったけど、今朝の冷え込みで砂地も凍っていて、わたしが歩いても砂地へ足がめり込まず、足跡が少しつくくらいに、固くしまって凍っていたのよ。
昨日、シャンプーをしたばかりだからと、リードをつけてのお散歩だったのよ。
本当は、ノーリードで思いっきり走り回りたかったわ。

今日の写真:凍って固くしまり、まるでモノトーンのような砂浜。

2005.03.27

シャンプーをしたよ

050327-18050327-20050327-33午前中に、浴室に連れて行かれシャンプーをしたのよ。
パパが玄関でわたしを抱きかかえて運ぼうとしたけれど、わたしが嫌がって伏せてしまうので持ち上げられないでいるの。それを見ていたshinパパがわたしを前から持ち上げて浴室まで運んでくれたのよ。
洗い場には、わたし専用のマットを敷き、そこに降ろされたけど足が滑らなくてとても居心地が良かったわ。
パパとakaneちゃんがわたしの身体をシャンプーで丁寧に洗ってくれたわ。その間、わたしはされるがままにおとなしくしていたので、パパやママから「おりこうだね・・・」って誉められたわ。

シャンプーを終えて、洗面スペースでakiママがタオルで身体をふきふきしてくれて、水気が大方取れたので、居間に行こうと言われたけど、フローリングの上を歩くのが怖いのでしゃがみ込んでいたら、今度はパパが前足を持ち上げて後足で歩かせながら連れて行ってくれたの。
居間には、大きな敷物を広げて、その上でゴロゴロ出来るようにしてくれていたのよ。あっちでゴロゴロ、こっちでゴロゴロしているうちに体毛も乾いてきたので、抜け毛防止にランニングシャツを着せられたの。何だかピチピチで気になったけど、みんなと遊ぶほうに気をとられて、シャツを着たことには抵抗はなかったのよ。
050327-36shinパパが、高校野球がどうなったか知りたくてテレビをつけたのよね。急に大きな音が出てきたので驚いて尻込みしながら「ワン」って吠えたら、みんなに大笑いされたわ。

今日の写真:左・シャンプー中ですよ。中・パパに持ち上げられて居間にきたとこよ。右・バスケットボールのユニフォームを着たの。

早朝の海岸へ

050327-07050327-13050327-17夕べ、akaneちゃん一家が遊びに来たの。車が着いたときは暗くなっていたけど、わたしにはakaneちゃん達だと分かったから、「こんにちは・・・ウワンウワン」って挨拶したのよ。

今朝、6時半過ぎにakaneちゃんと海岸へお散歩に行ってきたよ。
この海岸へakaneちゃんと一緒に行くのは初めてだったけど、リードを引いて一緒に歩いていたけど、わたしは走りたくてグイグイ引っ張っていたら、パパがリードを外してくれたわ。それって、砂の上を走り回り、疲れたらakaneちゃんの足元に戻り腹這いになって息を整え、また、走り回り、戻って休むのを繰り返しながら、砂浜を進んでいったのよ。
その間、パパは新しいデジカメでバシャバシャ写真を撮っていたわ。

お家に戻って、玄関前で食事をしてから棲家へ戻ったけど、今日はシャンプーをしてくれるのだって。
楽しみのような、苦しみのような、わたしは複雑な思いで棲家で疲れを癒していたの。

今日の写真:左・早朝の陽を浴びながら海岸をお散歩。中・今朝は昨日の雪が消えていたよ。右・食事中だけど身体中砂と汗で汚れてるよ。

2005.03.26

Canon EOS kiss Digital N

050326-01050326-10050326-12パパは、札幌へ出張した日に、タイトルのデジカメ一眼レフカメラを買ってきたの。
今朝、早速カメラを持って、何時もの海辺に出掛けて写真撮りをしてきたのよ。昨日の吹雪で吹き積もったまだらな雪の海岸を、右に左にと気ままにクンクンしながら歩き回り、パパから遠く離れたら呼び戻されるの。その間パパは、新しいカメラを構えてバシャバシャと連写モードで写真を写しまくっていたのよ。
わたしもカメラの連写音に刺激され、色々なポーズで写してもらったのよ。

10時半に、何時もの動物病院へわたしの便を持って、検便と爪切りと耳掃除をして貰いに行ってきたの。病院の前で順番を待っていたら、コッカースパニエルの6ヶ月の子とアイリッシュセッターの成犬を連れたお姉さんが近づいてきて挨拶してくれたの。でも、わたしはその子達が恐ろしくて車の中で小さくなっていたの。
待合室に誰もいなくなるのを待って、パパがリードを持って連れて行ってくれたけど、待合室に入るのが嫌だと言ってバックしたら、パパに抱えられて待合室に入れられてしまったわ。
パパに抱えられて診察台に上げられ、「伏せ」って言われたので、診察台の上で伏せて、体重を量られ、爪を切られ、耳を掃除され、目やにが出ているからって目薬も注されて、やっと診察が終わったので、パパに台から降ろしてもらい、車に乗って、検便の結果が出るのを待っていたのよ。検便の結果は、虫もいなくて良好よって女医先生が言ってくれたの。
わたしの体重は、32.2キロになっていたわ。

今日の写真:左・海岸はワンド状になって元浦川河口まで続いている。中・大きな波に驚いて急いで逃げているmomo。右・秒3枚の連写で動きを追った中の一枚。いずれもキャノンEOSで。

2005.03.25

首輪紛失事件

050324-2050324-3昨日の3月24日で生後9ヶ月になったのよ。そのお祝いにと、パパは札幌へ出張する慌しい朝なのに、何時もの東栄の海岸へ連れて行って、思いっ切り走らせてくれたのよ。
砂の上って足が取られて走りづらいから、とても力を消費するわ。少し走ってはパパの足元にバテバテで戻ってきて、砂の上にゴロゴロして休み、また走りに行くのを繰り返して、とても楽しかったわ。

今日はまた寒波が押し寄せたようで、朝から吹雪いているの。札幌から戻ったパパは、早速雪かきをしたのよ。
パパが出張で留守の間に、わたしが締めていた赤い皮製の首輪が外れたので、カミカミしているうちに、噛み切ってしまったの。今日出張から戻ったパパが、わたしが首輪をしていないことに気づき、ママに「首輪を外したのか」って聞いていたから、噛み切った切れ端が柵の外に落ちてしまったのを探し出して、パパに持っていったのよね。パパは驚いて、残りの残骸はどこだって探していたけど、後のほとんどをわたしは噛み千切り食べてしまったのよね。
わたしのうん○を調べながら、この赤い色は首輪の色か、血便かと頭をひねっていたわ。でもどっちなのか、わたしにも分からないわ。

今日の写真:左はバテバテになって砂の上に腹這いになっているmomo。右は爆走中のmomo。

2005.03.23

わたし、ショックなの・・・

今朝もパパと海へお散歩に行ってきたわ。
6時半過ぎに行ったのだけど、もう先に誰かがお散歩した足跡がついていたわ。その足跡は、わたしの足跡よりも一回り以上も大きいワンの足跡と、パパのより小さな人間の足跡だったのよ。
今日の海は、大きな波が出ていて、その大波が浜辺に打ち寄せて霞のような水蒸気を出していたから、遠くの方が霞んでいたけど、足跡の主は見当たらなかったから、わたしたちより早く来て、もう帰ってしまっていたわ。
もう少し早く来たら、その足跡の主に会えたのに、残念だったわ。

お家に戻って、玄関に入っていたら、ki-yoオババが顔を見せて、「もも、来ていたの・・・」「大きくなったわね」って話しかけたから、わたしはお座りをしてki-yoオババの顔に注目していたら「ももの顔は不細工だね・・・」だって。わたしも乙女心を持っているのよ。この一言には、とてもショックを受けたわ。

パパの一言
最近、ももの食欲不振が続いている。以前は餌に飛び付いていたのに、ここしばらくは食い渋っていて、嫌々食べている。
そのくせハイパー振りは衰えず、元気一杯だし、便も少々柔らか目だけどいい便を出している。
ママは、絶対どこか悪いから医者に連れて行かなければならないと、心配しているが、今週は行事が立て込み休みを取れないから、今度の土曜日にでも病院へ相談しに行ってこよう。
オババが、momo(本来は「もも」だけど、今日からローマ字で表記することにしよう)を見るたびに、顔が不細工だと言うけど、結構いい顔していると思っているパパとママなのだ(笑)。

2005.03.22

気持ちがいいわ・・・

今朝、車で昨日の夕方行った近くの海岸へ、連れて行ってもらったの。
駐車したところから、海岸線に沿って砂浜を大川の河口まで歩いていって、帰りは、波打ち際を歩いてきたの。その途中で、わたしが立ち止まってバックしたら、スポッと首輪が抜けて、ノーリードになってしまったのね。わたしは「チャンス」とばかりにパパから走って遠ざかり、波打ち際や一段上の砂浜などを、クンクン嗅ぎまわりながら、走り回っていたの。
朝の海辺って、とても気持ちがいいわ。特にノーリードで走り回るのはいい気持ちよ。

車のところを通り越して走っていたら、パパが「帰るよ~」って犬笛で呼ぶのよね。
ハッと振り返ったら、ものすごく遠くまで一人できてしまっていたのでびっくりして、猛スピードでパパのところへ走って戻り、足元にへたり込んでしまったわ。その隙に、パパがわたしに首輪をはめ、「さぁ、車に乗ろうね・・・」と言いながら、身体中の砂をほろってくれたのよ。
また朝の海辺を走り回りたいわ・・・。

パパの一言。
家の周りの散歩を嫌うので、今日は思い切って朝から海へ出掛けてみた。あまりにも思いつきで出掛けてしまったので、デジカメも持たず、飲み水もなし。唯一ビニール袋をポケットに突っ込みリードを引いて砂の上を歩いてきた。
何時ものことだけど、突然歩くのを止め、後ずさりをする。首輪が引っこ抜けないように注意していたが、今朝はやられてしまった。ものの見事に首輪を抜いて走り去るかと思いきや、パパの足にじゃれ付いたりリードの先でぶらぶらしている首輪をくわえてみたりと遊びながら一緒に歩いていた。そのままどうするか見ていたら、かなり遠くまで行ってしまったので、呼び戻しの笛を試みたら、振り返り「こい」と大声で呼ぶと猛スピードで戻ってきた。
その走りっぷりには、迫力があった。こんなときデジカメを手にしていないなんて、何とも間抜けなパパであった。

2005.03.21

ヒヤァ~、しょっぱい・・・

今日は所用で、パパとママは一日お留守だったの。

夕方、まだ明るいうちに戻ってきて、「さぁ、もも、遊びに行こう」と、パパが東栄の海岸へ連れていってくれたのよ。
国道とは、砂山で区切られているけど、駐車した場所は、簡単に道路へ出られるから、ノーリードには出来ないのだって。
リードをつけて、砂原を歩いていき、帰りは波打ち際を歩き、約1時間のお散歩をしてきたわ。

波打ち際で、波が引くときの白い泡って面白いよね。その泡を夢中で追っ駆けていたら、打ち寄せた波でお腹まで洗われたのよ。
足は波に押し出されたり引っ張られたりで驚いてしまったのよ。
あんまり驚いたので、「パパ、どうして波が来るのを教えてくれなかったのよ・・・ウグウ~」と唸りながらパパの足に八つ当たりして、リードをくわえて引っ張りながら、嫌々をしたわ。

波で濡れたお腹が気持ち悪いので、砂の上に腹這いになり身体を擦り付けて、ゴロゴロしたわ。
それを見てパパは、「きれいにブラッシングしたコートも、口の中も、砂だらけだよ」って、困った顔をしていたわ。

お家に戻ったら、パパはバケツに水を汲んできて、口の中や唇や歯茎まで手でジャブジャブ洗ってくれたの。
わたし喉が乾いていたから、唇や歯茎を手で洗っているのにも構わず、バケツの水をガブガブ呑んでいたら、パパが「おいおい、ももはそこまで野生児なのか?」だって。


足を洗ってもらい、タオルで拭き取る時もくわえて引張りっこしたり、ブラッシングをしてもらったら、すっかり暗くなってしまったけど、今日一日分のスキンシップを楽しんだわたしとパパだったわ。

2005.03.20

ダッシュ、ダッシュよ

050320-02050320-04050320-06今朝散歩に行ったのだけど、小学校の傍のお家のワンコが「ワンワン・・・」と大声で吠えたの。
その吠え声を聞いたら急に恐ろしくなってしまい、その場からユーターンしてダッシュ、ダッシュでパパを引きずりながら駆け戻ってきたの。
朝ご飯前だったけど、まっすぐ棲家に戻り、お水をガブガブ飲んで気を落ち着かせようとしたけれど、すっかり興奮してしまい、パパがご飯だからお家へいこうと誘っても、棲家から出る気がしなかったの。
しばらくたってお家の玄関へいっても、ご飯を食べる気にならないのよね。パパやママは、またわたしが食い渋りになったのかと心配しているのは分かるけど、吠えられた驚きで気が高ぶって食欲がないだけなのよね。
わたしが棲家へ帰りたい素振りをしているものだから、食事をしないまま、パパは棲家へ戻してくれたわ。
でも、少し時間を置いてから、朝食を食べることが出来たのよ。

今日もパパは雪割をはじめたのよ。
昨日のように車の傍に係留してもらい、パパが崩す雪山や氷をかじって遊んでいたのよ。

今日の写真:左端は撒き散らした雪が融け出しているのを確かめているもも。中央はあの音は何だと垂れ耳を頭の側面ピタリとつけて緊張するもも。右端はすぐ前の道路を車が通るが、気にもかけないもも。

2005.03.19

雪がなくなるよ・・・

050319-1風があるけど、お陽さまが出ていいお天気の一日だったわ。
午前中は、パパたちお買い物で静内まで行ってきたから、遊んでもらえなかったけど、午後からパパが雪割をしたので、わたしを畑で走らせてから雪割り作業をしている傍に係留してくれたの。
スコップやツルハシを持ち出して、門の脇で北向き側に積み上げた雪を砕いて日当たりのいいところへばら撒き、また、雪の一番下になっているところが氷になっていて、それをツルハシで砕いて融けやすくしているのよ。
050319-2 050319-4050319-5わたしの大好きな雪が、どんどん融けてしまい、なくなってしまうわ。

今日の写真:上はもものお得意のジャンプだけど、シャッターチャンスが遅かった。下の左側は二枚は畑で風になびく松の枝が立てる音にビクついているもも。下の右端は融け行く雪に名残を惜しんでいるもも。

2005.03.18

今朝も雨・・・

050318-1今朝も雨だったの。そのうち雪に変わったけど、ミゾレになったり雨になったりと忙しかったわ。
そのお蔭で、融雪がとても進み、棲家への道に水がたまり、土もどろどろで大変なのよ。

それでも今朝は畑の中を走り回ることが出来て、気持ちが良かったよ。
小雨が降っていたので、わたしの自慢のコートが濡れたけど、パパがきれいにブラッシングをしてくれたので、朝食の間にきれいになったわ。

今日の写真:小雨の中を走り回り、コートが濡れている。玄関前でブラッシングをまっている「もも」。

2005.03.17

今日は雨・・・

050317-1050317-3今朝は春霞が漂っているようで、朝日は見られなかったわ。
午前中は、いくらか陽射しもあって雨が降り出す気配はなかったのに、午後から雨になったの。
春に降る雨だから、春雨というのだろうけれど、とても濡れていこう・・・なんて風流なものではなく、冷たい厳しい雨だったわ。
棲家への道に雪解け水が溜まり、長靴でないと大変なものだから、夕食の世話に来てくれるママはその水溜りを嫌って、パパが帰ってくるまで夕食はお預けだったの。
それで、パパに連れられてお家に夕食を食べにいったら、ママがブロッコリーを茹でてドライフードに乗せてくれたのよ。とてもおいしかったわ。

今日の写真:左側は残り少なくなった畑の雪に頬擦りしているもも。右側は玄関前でパパにアイコンタクトするもも。

2005.03.16

融雪が進んで・・・

今朝は粉ぬか雨が降っていたけど、すぐに止んで日中には太陽が顔を出したのよ。もう暖かい春の陽射しで、お家の周りの雪がどんどん融けていっているわ。
やはり南向きのところの融雪が進み、お家の門のところも、南向きの方はグーンと融けたけど、その向かい合わせの北向きのところはそんなに融けていないのよ。
今度のお休みに、その北向きの所を中心にパパは雪割をするのだって。雪割ってはじめて見ることなので、どんな事をするのか今から楽しみにしているの。

棲家の屋根に積もっていた雪も、昨日と今日のお天気ですっかり融けて滑り落ちてしまったわ。お蔭で屋根からの明かりが入るので、棲家も明るくなり春が来たような暖かさなの。
この棲家の屋根は、波型強化プラスチックで出来ているので、気温が高くなったら温室効果となって、高温になるから、一旦屋根を取り払って木製の板で葺き直さなくてはならないって、パパが言っていたけど、何時工事をするのだろうか。あまり暑くならないうちに、屋根の葺き替えをして欲しいわ。

2005.03.15

ピヨン、ピヨン・・・

あっ、パパがお家から出てきた・・・きっと遊んでくれる。
あっ、ママがお家から出てきた・・・きっと何かおやつを貰える。
姿を見て、すぐそう思い込むと、嬉しくて嬉しくてたまらなくなって、私のハイパワースイッチが入るのよね。
自然に身体が動き、棲家を走り回るのもピヨン、ピヨン、ピヨンと飛び跳ねながら身体中で喜びを表してしまうのね。

パパはそんな私の行動を見て、「欽ちゃん走りだ・・・」って笑うし、ママは「少し落ち着きなさいよ・・・」って叱るのね。
このピヨンピヨン行動は、フラッティの持って生まれた特性なのだから、叱らないで、パパのように笑って許して欲しいの。

2005.03.14

朝の陽射しが暖かい・・・

050314-1050314-2日の出の位置が、冬場の東南の位置から真東に近い位置に変わってきたよ。
今朝の朝日は、雲もなくまぶしい陽射しで、それが暖かく気持ちのいい朝だったわ。
日中もお天気が良くて、暖かな陽射しで、雪解けも進んだわ。でも、夕方になると急激に冷え込んできて、お日さまを浴びて融けた雪で濡れていたところが凍りついて、夕方のお散歩はとても滑るので大変だったのよ。
今日の写真は、左側はパパの顔を見ながら自由を満喫しているもも。コンパクトデジカメのデジタル望遠でとるとノイズが出てしまう。右側は暖かい朝日を浴びているもも。

パパ・・・昨日、お天気が良かったので、帯広市に出来た大型ホームセンター「ホーマック」へ行ってきた。このホームセンターにはペットショップが入っていて、生体販売もしているしジャンプー&トリミングもするとのことで、特に何が欲しいと言うわけではなかったけどママを誘って出掛けた。ワンフロアーだけど、とにかく広い。ペットショップの占有スペースもかなりなもので、こんなのもある、これも置いているのだと、結構衝動買いしてしまった。
札幌よりは近く、品揃えも豊富なので、ももの品物を買いにまた出掛けるとしよう。

2005.03.13

ウワッホ、ウワッホ・・・

050313-2今日は朝から良いお天気。
早速棲家から出してもらい、昨日までに畑に積もった雪の上を走ろうとしたら、一足一足を「ウワッホ、ウワッホ」とジャンプしていかなくちゃ、雪を漕ぐことができないの。
雪の表面がクラストしていて、ジャンプして足を運ぶと、ガバッ、ガバッとお煎餅みたいに割れてめくれ上がるのがとても楽しいのよ。
パパと競走で走って遊んだわ。

今日の写真は、相変わらず雪に顔を突っ込みご満悦なもも。

2005.03.12

ウヒャ~雪だよ・・・

050312-1050312-2050312-3050312-4昨夜から降り続いていた雪だけど、明るくなったらすぐに除雪車が道路の雪を跳ねていったわ。
パパはその大きな音に起こされて、6時半にお家から出てきて「ウヒャ~・・・」って驚きの声を上げてしまったのよ。
30センチには少し届かなかったみたいだけど、湿っていて重い雪だもの、何時ものように幅90センチの雪かきで押していくなんてとてもとても・・・。普通の形の雪かきでお家の玄関前から雪かきを始め、何とか人一人が歩ける幅に雪を跳ねて棲家まで来たのよ。
わたしをお外に出して、棲家のお掃除をして、玄関で朝食を食べて、お散歩に行こうとしたら、今日は雪かきをしなくちゃならないからお散歩は後でしようよ・・・って、棲家に戻されてしまったの。
それからのパパは、朝ご飯も食べないで10時前まで掛かって雪かきをしたのよ。パパご苦労様・・・。

今日の写真は、1枚目は松の枝に積もった雪。2枚目は玄関前の積雪。3枚目は定番のママさんダンプで今日一の活躍した除雪道具。4枚目は雪山に飽きもせず顔を埋め込むもも。

2005.03.11

雪、降る・降る

050311-1昨夜は雪の気配がなかったのに、深夜に降りだしドッと積もってしまったの。
風があったので、わたしの棲家にも雪が吹き込み、敷物も雪まみれだし運動場の小砂利も濡れてしまったわ。

050311-2パパが6時に外に出てきて雪かきを始めたの。わたしも一緒にお手伝いしたいわって「クークー」とお願いしたけど、なかなか棲家の戸を開けて外に出してくれないの。「ねぇパパ、早くお外に出してよ・・・」。

050311-5今日の雪は湿っていて重いのだってよ。だからわたしが雪かきをしていないところを歩き回ると、雪かきがしにくいのだって。わたし、畑とお庭だけで遊ぶから、お外に出して・・・。
ようやく出してくれたので、わたしは嬉しくて嬉しくて、パパに纏わりついて飛び付いて喜んだの。

050311-4今日の写真は、1枚目はこんなに積もった。2枚目は除雪前でどこが通路か分からない。3枚目は除雪後。4枚目はわが家の除雪スコップで、左が幅90センチのもの、右は普通の幅のもので、雪を押して端まで持っていく方式の道具です。

2005.03.10

ようやく嵐が去って

050310-2ようやく嵐が去って、穏やかな朝を迎えたけど、相変わらず気温が低くて水飲みが凍っていたわ。
棲家のお掃除をしている間に、昨日の風で鉄柵の外に、塀の鉄管の黄色いキャップが外れて落ちていたのをくわえてきたのよ。小屋の前でプラスチックのキャップをカリカリと噛んでみたけど、なぁ~んにも味がしないのでがっかりしたわ。

何時もの首輪を物置の前で締めて、今日は勇んでお散歩に出掛けたの。
パパがリードを短く持って、「ハイ、ついて」って左足の腿を手でバタバタ叩きながらわたしをリードしてくれるので、グイッと前に出たらリードで引き戻され、少しづつついて歩けるようになってきたわ。そんなわたしを「いい子」って誉めてくれるので、とても嬉しいわ。
050310-3今日も小学校の手前のお家の車がエンジンをかけた音に驚き、その場でユーターンして戻ってしまったの。
 ← デヘヘヘ

2005.03.09

一日大荒れだったわ

昨日からの風がますます強くなり、夜半からは雪が降りだし猛吹雪の一晩だったの。
朝には雪が止んでいたけど、風は一層強くなって積もった雪が風に飛ばされて地吹雪模様になっていたわ。
アスファルトの上は、どこもここもツルツルで、朝のお散歩に出ようとしたら、パパが滑るからお散歩は止めだというのよ。せっかくお散歩したくなったのにね。

強風は、お昼になっても吹き止まず、午後も吹き荒れて、寒い大荒れの一日になったわ。
風通しのよい場所は、地吹雪で前が見えないくらいで、その上アイスバーンで強風だから車の運転が大変だったそうよ。パパの会社の運転手さんが、お仕事でえりも町まで行ってきたけど、えりもの風はものすごかったし、地吹雪で大変だったって言っていたそうよ。

夜は、久し振りにパパが食事の世話をしてくれたわ。
風があんまり強いから、ママが棲家に来るのを先延ばししているうちに、パパが帰って来たというのが真相のようよ。でも、わたしはパパと遊べたから嬉しかったわ。
明日はお散歩できるかな?

2005.03.08

夜中の雨で・・・

夜中に強い風に雨が混じり、朝になって止んだけど畑や庭の雪が大幅に融けて消えてしまったわ。
棲家へ行く途中の土の表面の凍結が融けて、ヌルヌルなの。靴にも私の足にもグシャグシャの泥がつき、パパはわたしの飛びつきを許してくれないのよ。ウインドブレーカーが泥だらけになるからダメなんだって。

今朝、パパは赤い首輪を持ってきて、わたしの首と鼻面につけて寸法を合わせていたのよ。
きっと昨日言っていた「ジェント○リーダー」なのだろうけど、わたしは、新しいおもちゃかと思い、パパの手から奪おうとしたけど、座らされて足の間に挟まれては自由に動けなくて奪えなかったわ。

何時もの首輪をして朝の散歩に出掛けたのよ。でもね、シャッターの音に驚いたお店の前も通り過ぎ、小学校の手前まで行ったけど「ガタン」と変な音が聞こえたので、その場で何だろうかと立ち止まり固まってしまったわ。その音は、マンホールの蓋にパパが乗ったときに出た音なんだってよ。
やはりわたしはその音が気になって、もう前に進む気持ちがなくなり、そこから戻ってきてしまったわ。戻るときに、パパを引っ張ってきたけど、引っ張ると「待って」とコマンドが入り、立ち止まり、「ヨシ」で歩き出し引っ張ると「待て」・・・、引いたり止まったりで、疲れてしまったわ。

2005.03.07

途中でユーターン・・・

今日も良いお天気を予感できる夜明けだったよ。

お散歩に勇んで出掛けたのだけど、昨日雪割りをしていたお家の前まで来たら、「アレッ・・・」って思い出し、おじさんが居ないのでキョロキョロと探してみたけど見当たらないの。
パパは、私のお尻を押して「先に行こう・・・」と言うけど、わたしは昨日のおじさんが突然出てきそうでドキドキなのよね。どうしても足が前に進まず、その場からユーターンしてパパを引っ張ってお家に戻ってきたの。

グイグイと引っ張るでしょう・・・そうすると首輪が喉に食い込み、呼吸が苦しくなるのよね。どうしても「ハーハーヒーヒー」となるわよね。パパはそれが聞くに堪えないから、ゆっくり歩けって言うけど、わたしそれが出来ないの。
それでパパは、遂にわたしの引き癖をなくそうと言って、「ジェント○リーダー」を注文したのだって言っていたのが、今晩品物がついたから、明日からそれを着けてお散歩するのだって・・・。

何だか今からドキドキするわ。

2005.03.06

雪が融けるよ・・・

050306-2今朝から良いお天気で、午後から少し風が出てきたけど暖かかったわ。
午後にパパと昨日行った海岸へ遊びに連れて行ってもらったけど、昨日は一面に雪があったのに、今日は写真のように砂が出ていて白黒の世界になっていたわ。
この良いお天気で気温が上がったから、雪がどんどん融けているのよ。雪の上で首筋をスリスリする楽しみが出来なくなってしまうから、雪が融けないでいて欲しいわ。

夕方もお散歩に出掛けたのだけれど、今朝戻ってきたお店の手前のお家で、おじさんが雪割をしていたの。いつも見掛けないおじさんが居たので立ち止まり、「ワン・・・」って吠えたらパパに怒られたわ。もっと先へ行こうと言われたけど、そこでお散歩をやめて戻ってきたのよ。
お家に戻り、庭の雪の上で、リードを引っ張って熱くなった首筋を冷やしたけど、これって気持ちがいいのよ。

今日も良いお天気よ・・・

今朝も、雲一つない夜明けだったわ。
晴れ上がっていたので寒い朝だったけど、お日さまが昇るに従がい気温が上がり、散歩も気持ちがよかったわ。でもね、わたしは昨日シャッターを上げる音で驚いたお店の前まで行ったら、驚きを思い出してしまったのよ。
まっすぐ前を見て歩いていたのだけど、お店が目に入ってしまい、そのとたんに固まってしまったわ。しばらくお店を見ていたら、パパが「前へ進め・・・」って言う声を聞いて、ハッと気がついたら急に前に進むのが恐ろしくなって、その場でUターンして今日もパパを引っ張りながら、ハァハァ、ヒーヒーと息を弾ませてお家に戻ってしまったわ。

050306朝食後にパパからデンタルガムを貰ってくわえていたら、口の隙間から漏れ出る息が白く見えるのよ。その様子をカメラで写そうとするパパに、ガムを噛みながら「カメラもくわえて見たいよ」って駆け寄ったら、「カメラを構えたらその場でポーズをとるものだよ・・・」と言われたんだけど、大事に手に持っているカメラってどんな味のするおもちゃなのかしら。

2005.03.05

海岸を走って・・・

050305-5050305-7午後から、パパが海岸へ連れて行ってくれたのよ。
ここはいつも行くケリマイ海岸ではなく、エブエ海岸と言うんだって。
国道から細い坂道を降りていくと、広い砂浜に行き着くのよ。海の臭いに混じって、ワンの臭いがしているのは、ここに多くのワンたちが遊びに来ているっていうことなのね。パパもそれを見ていて私を連れてきたようよ。

050305-8お天気が良かったので、海も青くて綺麗だし、雪もザクザクと軟らかくなっていたけど、走り回るのには絶好の場所のようね。もちろんノーリードで走らせて貰ったのよ。
わたしが雪の上に背中を擦り付けているのを見て、パパはここまで来てゴロゴロするの?って言っていたけど、広いところで身体を擦り付けるのも気分がいいものなのよ。

驚いて駆け戻ったわ

朝のお散歩で、小学校の手前のお店屋さんの前まで行ったら、ガタガタと大きな音がしたの。
アレ、何の音なの・・・って立ち止まり音のするほうを見ていたら、まだ6時半だと言うのにお店のシャッターが大きな音を立てて開いたのよ。お店のおじさんが出てきて自動ドアの前にマットをドサっと置いたのよね。
わたしはびっくりして、パパ戻ろうよ・・・と来た道を猛スピードでパパを引っ張って駆け戻ってきてしまったわ。
050305-2050305-4お家に戻って雪の上で身体を冷やしているうちに、顔中に雪が付いて白髪見たいって笑われたわ。そんなに笑わないでよって、お口を開けてグワァ~ってしたら、また舌の裏側を写されてしまったわ。

今日は第一土曜日なので、何時ものようにクリーンセンターへゴミを出しに一緒に行ってきて、その後、三石のくまん動物病院へ行ってきたのよ。
病院へは、わたしの体重を量るのと、耳の具合が良くなったのでチェックをしてもらうために行ってきたの。病院の前に車を停めたら、他所のワンの臭いがするので、ワンワンと吠えたら、傍のお家の中から小型のワンが吠え返してきたわ。車から降りて、病院のドアを開けて中に入りなさいってパパが言うけど、入りたくないのよね。それで玄関の前でぐずっていたら首輪がすっぽ抜けてしまったので、パパが慌てていたわ。
女医先生に体重を量ってもらったら30.8キロになっていたので、パパが先生に太り過ぎだろうかって聞いたのよ。先生は8ヵ月半で幼犬用の餌を使っているのなら、太り過ぎではないよって言っていたわ。でも、9ヶ月過ぎから成犬用の餌に切り替えていった方が良いんだって。

2005.03.04

ハァーハァーヒーヒー

050303-1

050303-2

昨日の朝、散歩に出掛けたのよ。今までパパが散歩に行こうといっても、嫌々していたのが嘘のようなのね。
どこまで行けるか分からないけど、もし散歩の途中でウン○をしてもいいように、パパはポケットにビニール袋をねじ込んで出発したの。ポケットにガサガサと何かが入っているような気がして、ポケットを気にしながら歩いて、時々飛び付いてクンクンしたりね。
そんなことやっていたら、目の前に真っ白な広場が飛び込んできたのね。そこを飛び跳ね走り回りたいと、グイグイ引っ張っていったけど、ここが小学校のグランドだから、わたしたちワンが入り込んではいけないのだって。
残念だけど学校の門の前でしばらく眺めていたけど、あきらめてリードをグイグイ引っ張りながらお家に戻ってきたの。
050303-3050303-5あんまり強く引っ張ったので、パパと綱引きしたようになって、わたしの息は「ハァーハァーヒーヒー」と苦しかったわ。お家に戻り、お庭の雪の上に腹這いになって身体を冷やす間、ちょっと待ってね・・・。その後、棲家に戻り、デンタルガムを貰ってご機嫌だったわ。
パパは、今日から明日まで出張だから、良い子にしているのだよ・・・っていいながら、お出掛けしていったのよ。
早く帰ってきてね・・・。

2005.03.02

霧氷が・・・

〔とにかく寒いです。もう3月なのに寒気が緩む気配がありません。
今朝も晴れ渡り日の出も美しかったけど、「もも」の運動場と化した畑に植えてあるツツジなどの枝に銀色の霧氷がついて、朝日に輝いていました。〕

夜明けと共に棲家の掃除にパパが来て、何時ものように外に出してもらったのよ。
パパが棲家の掃除をしている間、棲家に入ったり出たりしながらじゃれつき、「早く遊ぼうよ・・・」ってオネダリしていたの。
掃除を終えたパパが、畑の中を走って遊んでくれたので、わたしも寒さを吹き飛ばす勢いで走り回り、ハァハァ吐く息が顔に凍りつき、ブルブルしても取れないのよ。雪の上に寝転んだりして付いた雪は、ブルブルすると落ちてしまうのに、息がかかって凍ったのは取れないのね。

今日も、思いっきり走り回った後で、物置の前で首輪をつけてもらい、パパと一緒に道路に出て、昨日よりもう少し遠くまでお散歩してきたの。
他所のワンに会うかとビクビクしながら、いろんな臭いがついている道路をクンクンしながら歩いていったのよ。もう少し行くと小学校だそうだけど、わたしにしては十分遠くまで来たと思ったので、パパを引っ張りながら「ヒーヒーハーハー」といいながら、お家に戻ってきてしまたの。

〔突然、昨日から、あれほど嫌がっていた道路を散歩するようになりました。
まだそこらじゅうを嗅ぎまわりながら、引っ張り癖を丸出しで散歩しています。
教科書のように、「ツケ」で歩けないし、パパもそうさせられないし、もも共々、散歩初歩者です。
そうは言っても、「もも」が家の前から散歩に出られたことは、パパとしてとても嬉しいことです。〕

2005.03.01

今日からリードをつけて・・・

今朝も寒かったわ。
棲家のお掃除の間、畑を飛び跳ね回っていたけど、ちょっと冒険したくなって他所の牧草地に入り込み、お隣のお家の裏まで行ってみたのよ。そうしたら、掃除を終わったパパがわたしを探して犬笛を吹いているの。「は~い、分かったわよ・・・」ってパパの方を見たけど、パパが見えないのでもう少し遊んでいよう・・・と、いろんな臭いがするお隣をウロウロしていたの。
パパが、犬笛を長ーく吹き、「もも、おいで・・・」って呼ぶので、もっと遊んでいたかったけど、渋々パパが呼ぶ方へ走って戻ったのよ。「呼ばれたら、すぐ戻ってくるのだよ・・・」ってパパに叱られちゃったわ。

物置の前で座らされ、パパったら、あっという間に首輪をつけてしまうのよ。今日からリードをつけてお家の前を歩くのだって。
玄関で朝食を食べた後で、棲家へ戻る前にパパが散歩に連れ出してくれたのよ。いつもなら道路に出るのが怖くて嫌々するのだけど、今日は知らないうちに道路に連れ出され、パパの左側を歩かされていたのよね。
何時もと様子が違うところにいるので、「アレ」っと思って立ち止まり、慌てて回れ右をしてパパを引っ張ってお家の前まで戻ってしまったわ。
でも、いつも道の向うを通るコーギーがいないけど、どうしても気になるのね。パパに道路の向うへ行きたいとリードを引っ張ったら、車が来ない隙に道路を横断させてもらい、コーギーちゃんが歩いたあたりの臭いを嗅いでみたの。
やっぱりコーギーちゃんがいないとつまらないから、また車が来ないうちに道路を横切ってお家に戻ってしまったわ。

「自分勝手に道路を横切っちゃダメだよ・・・」ってパパに言われたので、横切るときはパパと一緒に横切ろうっと。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »