2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.28

ワッセ、ワッセ・・・

今朝も冷え込んで寒かったわ。
棲家から出て、畑を飛び跳ねていたら、棲家の掃除を終わったパパが来て一緒に遊んでくれたのよ。先日の吹雪でできた吹き溜まりに飛び込んでみたら、あら、お腹が雪山に付いてしまうじゃないの。これじゃ走れないわよね。
パパは、そんなわたしを無視して吹き溜まりの上にボールを投げて、とって来い遊びをけしかけるのよ。
わたしは、その吹き溜まりの中を、ワッセ、ワッセって飛び跳ねるように前に進んだのよ。

その様子をカメラで取ろうとしていたけど、写っていなかったって、パパはがっかりしているのよ。また明日でも一緒に遊び、その時、上手に写真にとってよね。

2005.02.27

帰りが遅いよ・・・

今日は、パパはスキー大会で朝早くにわたしの世話をして出かけていったの。
朝、わずかな間だけパパと遊び、日中は一人で遊んでいたから、早くパパが帰らないかな~って思っていたの。
でも、なかなか帰って来なく、そのうち吹雪になって、暗くなってしまったのに、まだパパが帰って来ないわ。

「ブルルル・・・」って、パパの車の音が聞こえて、ようやく帰ってきたわ。
すぐわたしのところへ来て、お水を替えたり敷物をきれいにしたりして、遅い夕飯になったのだけど、わたしはパパにじゃれて遊びたいから、ご飯の周りを行ったり来たりしながら、パパにじゃれていたら「もも、早くご飯を食べなさいよ・・・」だって。
パパが帰りが遅いから、私はもっと遊びたいのよ・・・。

2005.02.26

シロちゃんと遊んだのよ

050226-01050226-04050226-05歩くスキー教室へマルチーズのシロちゃんが来たのよ。
わたしは、まだ他所のワンコと接したことがなかったので、そのシロちゃんが気になって「ウワン、ウワン」って吠えていたら、山本の奥さんが係留チェーンを外してシロちゃんのほうへ連れてきてくれたの。
最初は、どうしたらよいのか分からなくて、頭を低くして近づいていったら、シロちゃんが喜んで迎えてくれたので、嬉しくて顔を近づけては飛び跳ねて遠のき、また顔を近づけて飛び去ったり、だんだん慣れてきて、シロちゃんが他所を向いているうちに、お尻をクンクンすることができたのよ。教室に来ているみんなの注目の中で、シロちゃんと仲良く出来たの嬉しいわ。また歩くスキー教室で会いましょうね。

050226-10今日は、パパといっぱい遊んだのよ。
午後からは風が強くなったけど、畑でホール遊びをして雪の中を転げまわったわ。
雪上に腹這いになって、雪の中に顔を突っ込んで遊んでいて、パパに呼ばれたので顔を上げたところを写されちゃったけど、この写真を見て「フラットのブラックじゃないみたいだ・・・」ってパパが笑うのよ。そんなにひどい顔しているかしら。

2005.02.25

元気が一番よ・・・

吹雪が去って、昨日・今日と静かな日が続いたわ。でも、お日様が出ているけど、寒い日だったのよ。

それでも、わたしは日中は小屋の中で寝るより、小屋の前に敷物を引っ張り出してきてその上で寝ている方が好きなのよ。パパは「敷物を引っ張り出して、小屋の前のベランダで寝るのはいいけど、夜は小屋の中に敷物を持ってはいって寝なきゃいけないよ・・・」といいながら、夜に棲家に来て敷物を小屋の中に入れてくれるの。でもね、敷物をくわえて振り回して遊ぶのって楽しいのよね。だからパパが入れてくれても、すぐ引っ張り出してしまうのよ。

今日みたいな寒い日であっても、雪山を跳び越したり、畑やお庭を飛び回って遊ぶのは、何にも換えがたい楽しみなのよね。
少々、ドライフードに食傷気味であっても、雪の中を走り回る元気はちっとも衰えないわ。何よりも元気が一番よ・・・。

2005.02.24

吹雪の音で・・・

今日の明け方まで吹雪いていたのよ。
吹雪の音って、初めてだから、ビューン、ヒユーンってすごい音なの。その上、棲家の半分を囲っている鉄板塀が、バタバババァーンって反響するものだから、小屋の中にいても怖くてたまらなかったわ。
朝早く、パパが雪かきに来て、棲家を掃除してくれたのだけど、その時パパに「一晩吹雪の音で悩まされ、とても怖かったのよ・・・」って、「ウガウァウ・・・」といいながら纏わりついて甘えてしまったの。

今日の朝晩のご飯には、ママがお肉の入ったフードをトッピングしてくれたので、全部食べれたわ。でも、ドライフードはちょっと食傷気味だわ。

今日、定期診療でパパは札幌へ行ってきたけど、高速道路が事故で途中通行止めになっていたから、恵庭インターから一般道へ回り、渋滞する中、病院の指定時間に30分遅れで入り、診察を受けてきたそうよ。
朝は、路面が凍り、ツルツルの中をスピードを押さえて走っていったけど、帰りは路面がすっかり乾いていて走りやすかったのだって。よかったね。

2005.02.23

一日、猛吹雪だったわ・・・

今日一日、猛吹雪だったわ。
今朝、パパが綺麗に雪かきして行ったのに、お昼前には雪で埋まってしまったのよ。わたしの棲家の小砂利の運動場に雪が吹き込んで、小砂利と一緒に凍りついているわ。

今朝も、食欲がなかったけど、パパが買ってきたウエットフードを何時ものドライフードに混ぜてくれたので、何となく口をつけ、全部食べてしまったわ。でも、トッピングしたウエットフードが無くなったら、嫌々食べたって感じだったわ。

夜も、パパが会社から戻ってから夕食を食べたけど、ドライフードだけなので、「ママ、おいしいのを混ぜてよ・・・」って思いながら茶の間を覗いてみていたけど、来てくれないし、パパが付きっ切りで「食べろ、食べろ・・・」って世話を焼くものだから、一口、また一口って食べているうちに、全部食べてしまったの。
パパは、「もも、食べられてよかったね」って、誉めてくれたけど、わたしは嫌々食べたのだけどなぁ~・・・。

夕食のときも、まだ吹雪いていて、雪かきしてもすぐ積もってしまうから、明日の朝にするのだとパパが言っていたけど、わたしが雪かきしていないところを歩くと、足が埋まりお腹が雪につきそうなのよ。
明日は、パパの定期健診の日だから、また朝早くから雪かきして札幌へ出掛けるのよね。この吹雪は治まっているといいのだけど・・・。

2005.02.22

食欲がないの・・・

昨日から食欲がないの。
今朝も、何時ものドライフードが食べたくなくて玄関の中をうろうろしていたけど、でもお腹が空いているので「パパ、美味しいもの頂戴よ・・・」といいながら、パパにじゃれついたり、玄関の上がりぶちに足をかけて「ママ、何かないの・・・」って、唸ってみたりしていたのよ。
わたしが食器から食べないので、パパは別の食器にあけて、棲家に置いていったのを、いやいや食べて空腹を紛らわしたわ。

今日は一日吹雪いていて、とても寒い中、ママが心配して棲家まで見に来てくれたのよ。
おやつに「ほねっこ」を持ってきてくれたので、とても嬉しかったわ。
だから、ママが夕食を持ってきてくれたときは、半分だけ我慢して食べてあげたのよ。

2005.02.21

びっくりしたわ

今朝も積雪があり、パパが雪かきする間、畑やお庭を飛び回っていたのよ。
お庭にはki-yoオババの花壇があって、わたしがその花壇に入れないように網で囲ってあるのだけど、雪が吹き付けたりして網を支えているポールから垂れ下がってしまい、今はお花が咲いていないから、いつもその中に飛び込んで遊んでいたの。
その内にポールが斜めになっていて、かじって引っ張っているうちに先のほうが引っこ抜けたのよね。それをくわえて走ろうとしたら、反対側の先が雪に刺さり、その反動でくわえていたほうの先がわたしの上あごを突き上げての。痛かったわ。思わず「グワン」って鳴いちゃったの。
そのポールを引っ張っているとき、パパが「それを加えたらダメだよ・・・」って言っていたけど、わたしは知らんぷりしてくわえて逃げようとした罰なのね。とにかく痛かったし、びっくりしたわ。
今度からは、ちゃんと、パパの言うことを聞かなくちゃ・・・。

2005.02.20

パパのお手伝い?

050219-1昨日、こんな写真を撮られてしまったの。パパがカメラを構えたから、飛びつこうとした瞬間、わたしの舌の裏側を写されてしまったの。パパはめったに撮れないアングルから、偶然に写すことが出来たって喜んでいるけど、わたしは何だか恥ずかしいわ。

今日も一日雪が降っていたけど、パパは朝早く雪かきをして町民スキー教室のバスで日高国際スキー場へ出掛けていったの。
何時もより早い時間に雪かきを始めるので、わたしもまだ暗いうちに棲家から出してもらって、畑やお庭を飛び跳ね回っていたのよ。
でも、パパが一生懸命に雪かきをしているので、わたしもお手伝いをしなくちゃと、パパのところへ走って行って雪かきスコップに足をかけて押さえつけてみたの。そうしたらパパが「お~い、そこを押さえたら雪を押せないじゃないの・・・」って、わたしを避けるように押すのよ。折角お手伝いしようとしたのに失礼しちゃうよね。

夕方、スキーから戻ったパパが、また雪かきをしたので、わたしはママから夕食を貰って済ませていたけど、パパと一緒に遊びたいよ・・・って、クークー鳴いてお願いしたら、お外に出してくれ、少し遊んでくれたの。
雪が湿っていて重いのだって。パパはウンウン言いながら雪を押していき、大きな雪山を作っているの。わたしはその雪山に駆け上ったり、雪山の後ろから跳び越してみたりしていると、パパは押してきた雪をドスンとわたしにぶつけたりするのよね。固まった雪がパパのスコップからドーンって飛んでくるのって迫力あるのよ。勢い良くその雪の塊を前足で押さえつけ、崩すのって楽しいのよ。

2005.02.19

楽しい・・・

050219-2今日は、第三土曜日でクリーンセンターへごみ出しの日なので、パパと一緒に行ってきたの。
物置でゴミを分別して車に積み込むのだけど、わたしはパパのお手伝いをしようと思い、パパが分別したゴミに突撃してバラバラにしたらとても楽しかったわ。でも、パパに「散らかしてはダメ」って叱られてしまったのよ。

歩くスキー教室へ一緒に行き、ベンチに係留されてお留守番していたけど、教室を終えて帰るときに係留を解き放ってくれたので、おやつ袋をくわえてあっちへ行ったりこっちへ行ったりしながらパパの後をついて行ったけど、そのまま車に乗るのはつまらないので、駐車場を少し走ってみたら、パパに犬笛で呼び戻されてしまったわ。
でも、新しく降ったきれいな雪の上を走り回るのって、楽しい・・・。

2005.02.18

遊ぼうよ~

今朝も雪が積もって、パパは雪かきに追われていたのよ。
雪かきするパパと一緒に遊んでいて、雪かきスコップに飛びついたらパパも一緒に転んでしまったわ。でも大笑いして楽しそうだったので、わたしも嬉しかったの。

一日、何となく嬉しくて、夕方、ママが食事を持ってきてくれたとき、まだ朝の嬉しさが続いていたから、ママに飛びついたら、「もも、だめだよ・・・」って叱られてしまったわ。
わたしが飛びつくと、ママは支えきれなくて転んで怪我をしそうだから、飛びつき禁止だというのよ。
これって、ちょっと難しい注文だわ・・・。

2005.02.17

雪が降ったのよ

朝になったら、薄っすらと雪が積もっていたのよ。
今日、パパは札幌へ出張なので6時過ぎに雪かきを始めたの。もちろんわたしは棲家から出してもらい、パパの傍で新雪の上を飛び跳ね走り回っていたわ。
前に積もった雪は、表面がクラストしていて、その上にふわっと積もっているから、何ともいえない足ざわりなのよね。新雪の下の状態がわからないから、勢いよく走っていると、ズポッと足を取られたりして驚いてしまうことがあるのよ。
パパの雪かきが終わる頃、裏の塀の外側を探検していたら、ピーピーと笛の音が聞こえたの。あっ、パパが呼んでいる・・・でも、探検を続けたい・・・パパのところへ行かなきゃ・・・って迷ったけれど、呼ばれたらすぐ行かなければパパはいい子いい子をしてくれないので、急いでパパのところへ飛んで行き、いい子いい子と頭を撫でてもらったのよ。わたし偉いでしょう。

2005.02.16

これはな~あに?

今朝も、畑をノーリードでパパの後について一回り散歩したの。
パパは、この間の強風で折れてしまった枝を拾い集めて、わたしが走り回っても邪魔にならないように片付けていたけど、時々短く折った枯れ枝を投げてくれるので、わたしはその枝を追いかけてくわえて持ってくる遊びに夢中になっていたのよ。
その時、不思議な足跡を見つけ、投げた枯れ枝を無視して、足跡を辿りクンクンしていたら、「それはキジのあしあとだよ・・・」とパパが教えてくれたの。
そういえば、尻尾の長いきれいな色をした鳥が畑を歩いているのを見たわ。きっとその鳥がキジなのね。

2005.02.15

ダッシュ!

今朝、パパが棲家の掃除に来て、わたしのチェーン首輪が緩くなっていたのを直そうとしたけど、わたしが棲家の中を走り回ろうとするので、やむ得ず首輪を外して直している間、何となくハイパーになってしまい、棲家の運動場を走り回っていたの。
ほとんど丸く円を描くように走り回るのだけど、足場が小砂利なので、走る勢いで小砂利が跳ね飛び、パパの長靴の中にまで入ってしまったのよ。
自分でも、どうしてこんなにハイパーになるのか分からないの。とにかく嬉しくて、その喜びを体で表そうとするとスイッチが入ってしまうようね。

2005.02.14

大好きなの

昨日、パパがilovepet.netのプログ「もものつれづれ」に、車に乗ったときのわたしの行動をすっぱ抜いてしまったけど、車の後部座席に乗るとすぐに「もも、座って」ってパパが言うから座ろうとするのよ。
でも、車が動き始めるとジッと座っていられないのよね。お外の光景が次々と変わって行くし、他所の人が歩いていると、その人を見たくなって立ち上がり窓越しにみて吠えてみたりしたくなるのよね。その度に、パパから「危ないから座っていなさい」って叱られるのだけど・・・。
やはり前のガラスから眺める光景が一番楽しいね。パパだって、ハンドルを握って前を見ているのだもの、私も見たいわよね。
小さい頃は、後部座席のフロアーに座って、真ん中の肘掛にあごを乗せていたけど、今じゃ肘掛に片足を掛け、もう一方の足を助手席の背もたれに掛けて前を見ると、丁度パパの顔と同じ高さになるのよね。きっとパパはこんな光景を見ながら運転しているのだな・・・って思うと、何だか嬉しくなって、ついつい、パパの横顔にチュッてしてしまうの。だって、わたしはパパが大好きだもの・・・。
それなのにパパは、「もも、危ないからよしなさい」って、片手でわたしを後席の方へ押し付けるのよ。だからわたしは、後ろの席からパパの右や左の頬にチュッってするのよね・・・。

2005.02.13

風が強くて寒いのよ

今日も、青空に太陽が燦々で暖かいはずなのに、昨日と同じように強風が吹き荒れていてとても寒い一日だったわ。
パパ一緒に歩くスキー教室へ行ったけど、風が強いから、黙っていてもスキーが滑るよって、パパは滑っていったけど、帰りは風に向かって滑ってこなくてはいけないから、力いっぱい漕いでゼーゼー言いながら戻ってきたわ。
あまりにも風が強くて寒いから、1時間半くらいで切り上げて、後はわたしと遊んでくれたのよ。

パパはね、わたしの首輪がきつすぎるからと言って、昨日も静内まで出掛けて首輪を探してきたようだけど、大型犬用は鋲が打ってあったりしてごつ過ぎるのしかないので、やむなくクサリのチョーク首輪を買ってきてくれたけど、丁度良い位置に合わせるとすっぽ抜けるし、係留には向かないし、とっても困っているの。
今朝も、ノーリードで走り回っていて気がついたらチョーク首輪を落としてきていて、パパが探してきてくれたのよ。歩くスキー教室でパパを待っている間は、いつもの通りベンチに係留されているのだけど、今日はチェーン首輪の上から、今まで使っていた皮製の首輪をして、その首輪に係留チェーンを取り付けたのよ。
今日もまた、パパはカタログやインターネットで大型犬用でわたしに似合うかわいらしい首輪を探してくれているのよ。

2005.02.12

良いお天気だけど・・・

050212-2今日は土曜日で、パパの歩くスキー教室のある日だわ。
わたしもスキー教室へ連れて行ってくれるかな・・・って待っていたら、パパが来て「ももも、一緒に行こうか・・・」と言って棲家から連れ出してくれたので、急いで車のところに入ったら、車の後部ドアが開いていたので飛び乗り、「パパ、早く・・・」って言いながらシートにお座りしいたのよ。

今日は良いお天気だけど、風が強くて寒いのよ。
そんな中、アエルのグランドには大勢の人たちが集まり、歩くスキーを楽しんでいるのよ。わたしもいつもの通り、一番外れのベンチに係留され、みんなが楽しんでいるのを見ていたの。
でも、寒いから早く終わらないかな・・・って思いながら、パパが滑っていくのを見ていたわ。

2005.02.11

止められないわ

050211-1掘って掘って
050211-2首筋を擦り付けて
050211-4身体中、雪と砂だらけだよ
     今日は風が強く、時々吹雪模様の一日だったけど、「しばらく歩くスキーへ付き合わせたから、今日は海に行こう」というパパと一緒にケリマイの海岸へ遊びに行ってきたのよ。
海岸は風がすごく強く、波も高く、何時も歩く波打ち際一杯に波が打ち寄せていて、段差が高すぎて波が来たり引いたりするのを追いかけることもできず、一段高い所を歩いてきたわ。何時もは、そこには色々なものが打ち上げられていて、わたしがあちこちをクンクンしたりいろんな物を口に入れたりするので、パパはあまり好きでない散歩道なのね。でも、そこしか歩けないから、仕方がなく段の上を歩いていたら、とても気になる匂いを嗅ぎつけ、掘ってはクンクンしていたけど、堪らずにそこへ首筋をスリスリしてしまったの。
スリスリするのをパパが嫌がるのを知っているけど、これだけは止められないのよね。

2005.02.10

雪の表面が・・・

昨日も一日良いお天気で暖かかったわ。
今朝は冷え込んだけど、パパと畑の雪の上を散歩したのよ。
何時ものように、わたしはノーリードでパパが歩く傍を飛び跳ねて走り回っているのだけど、今朝の雪の表面は固く凍っていて、パパが歩くとズボズボと表面が割れて足が埋まっていたけど、わたしが歩いても昨日の朝のように割れないのよね。
どうしてなのって、パパに聞いたら、日中のお天気で雪の表面が融けて、夜の冷気で凍ってを繰り返し、表面の固く凍って「クラスト」になるのだけど、昨日よりクラストが厚くなって「もも」の重さでは割れなくなったのだそうよ。
でも、ハイパー娘のスイッチがONになって、全力で飛び跳ね走り回ると、ズボって割れて埋まることもあるのよ。

2005.02.09

リードで引張りっこしようよ

今日で何日雪が積もらないのだろうか、今日も積もっていなかった。
前に積もった畑の雪は、表面が凍って固くなっていて、歩くと足がズポ、ズボっとぬかるのよ。表面の固くなった層は1センチほどで、その下はサラサラな雪なのよね。だからわたしが乗っても表面が割れて足が下に落ちてしまうのね。
そんな雪の上を、パパと一緒に畑の隅から隅まで歩いてみたの。パパはゆっくりと歩いているけど、わたしはハイパーなものだから、パパの周りや植木の間を走り回ったけど、足がズボズボと埋まるので走りづらかったわ。

朝食後、今日もリードをくわえてパパに引張りっこをおねだりしたけど、パパは「リードはくわえて引張りっこするものではないよ」と言って相手をしてくれないのよ。
そのくせ、わたしにリードをつけて引っ張るくせに・・・パパってずるいね。

2005.02.08

今日も叱られてしまった

今朝、玄関で朝食を食べた後、置いてあったリードをくわえてパパにしゃれていたら、パパがリードをつけてお外に出してくれたの。
何時もはノーリードでハウスへ行く途中も、お庭や畑を飛び回っているのに、今日はリードをつけたのでパパと一緒に歩く練習をしながらハウスへ向かっていたら、前の道をシーズーを連れて散歩しているおばさんを見つけ、「ウワン、ウワン」とガウガウしたら、パパに叱られてしまったわ。
他所のワンコが傍に来るといやなのよね。わたしは怖くてドキドキしているから、ついついガウガウしちゃうの。

2005.02.07

叱られたわ

お家の前を登校する子供たちを見ていると、akaneちゃんやtomoちゃん達を思い出すのよね。
ついつい、「遊ぼうよ・・・ウワン、ウワン」って吠えてしまうの。
パパに言わせると、最近のわたしの吠え声は、お腹の中から声を出すように、とても響くのだって。だからご近所迷惑だから吠えちゃいけないんだってよ。
でも、わたしが意思表示するのは吠えることしかないものね。特に遠くにいる場合は吠えるしかないものね。
だから、道路を通る子供たちへ「遊ぼうよ・・・ウワン、ウワン」って吠えていたら、パパが窓を開けて「もも、うるさいから吠えるんじゃないの・・・」って叱られてしまったわ。

2005.02.06

春、見つけた

050206-1今朝は、お日様が出て抜けるような青空だったので、もう春の気分だったわ。
パパが、雪の山をスコップで崩して雪解けを早めようと作業を始めたので、飛んでくる雪にじゃれていたら、パパが大きな声で「もも、春を見つけたよ・・・」というので、傍に行ったら、お庭の山コブシの枝先を指差して、「ほら見てごらん、コブシに花芽が膨らんできたよ」っていうのよ。青空に朝日を浴びて、コブシの花芽が光って見えたわ。

午後、パパのお友達が黒ラブを連れて遊びに来て、おじさんが一人でわたしの棲家へやってきたから驚いて小屋の中から「ワン、ワン」と吠えていたら、パパがリードを持って棲家へ来て「もも、吠えるんじゃないの」っていい、リードをつけて外に出してくれ、風の当たらない物置の前に移動して、おじさんがわたしをナデナデしてくれ、わたしもおじさんにお手をしたり立ち上がったりして歓迎していたら、おじさんの車の中から「ウワン、ウワン」と吠え声が聞こえてきて驚いたのよ。
驚くわたしにパパが「もも、大丈夫だよ」というので、車から降りてきた黒ラブちゃんと恐る恐るの面会をしたの。パパは黒ラブちゃんの頭をナデナデしているから、「わたしもナデナデしてよ」と黒ラブちゃんの傍によっていって、鼻をくっつけてクンクンしたけど、やはり怖くて逃げ腰になってしまうのよね。でも、こんな近くで大きなよそのワンと接触したの初めてで、貴重な体験だったのよ。「また今度、遊びに来るね」っておじさんが帰っていったわ。

2005.02.05

良いお天気

050205今日は風が強いけど良いお天気だったわ。
第一土曜日は恒例のクリーンステーションへ家庭ごみを持っていく日なので、パパは8時半頃から物置でゴミの分別を始めたので、「わたしもお手伝いしたいわ・・・」ってパパに伝えたら、棲家から出してくれたの。
急いで物置の入り口に行ったら、戸が閉まっていて、車のドアが開けてあったから、一目散に飛び乗ったのよ。そうしたらパパが来てリードをつけて車に繋がれてしまい、物置の中に入れなくされたのよ。でも、パパはダンボールの箱をわたしにくれたので、足と口を使って引っ張ってボロボロに分解してあげたわ。
分別したゴミを積んでクリーンステーションへ行く途中で、お隣のGRがおじさんと散歩していたの。それを見たパパが、「ゴールデンちゃんは、こんな遠くまでお散歩しているのだよ。ももも見習わなければ」だって。

クリーンステーションから戻ってから、アエルでの歩くスキー教室へ行ってきたわ。
教室に来ているおばさんやおじさんが代わる代わるわたしをナデナデしに来てくれて、パパがスキーをしている間、寂しくなく待っていれるのよ。

2005.02.04

立春なのに・・・

050204-2今日は立春。暦の上では春なのね。
今朝、雪山の下のお庭に春が来ているのかと思い、雪山を掘って顔を突っ込んで春の匂いを探したのよ。
その様子を見ていたパパが、「もも、そんなに顔を雪の中に突っ込んだら息が出来なくなるよ」って心配してくれたけど、雪の中に顔を深く突っ込み、息の続く限り春の匂いを探したけど、見つけられなかったわ。

立春なのに、まだまだ寒いのよ。
今朝もパパがなかなか出てこないので、棲家の柵に前足を掛けて首を長くしてお家に方を見ていたの。雪跳ねをしなくてもいいから、きっとパパはお寝坊をしたのね。

2005.02.03

今日は節分なのに・・・

今日は節分なのに、とても寒い夜明けだったわ。
パパはいつもの時間より遅く棲家にやってきたけど、そのときにお隣のゴールデンが棲家の側まで来ていたのよ。わたしは棲家の中の小屋から顔だけ覗かせて、「こっちに来ないでよ、ウウウウ・・ワン、ワン」と吠えていたのに、パパったらGRに「遊びに来ていたの・・・こっちにおいで」って、やさしく声を掛けるのよ。わたしは「パパ、いやよ・・・ウワン」って言ったの。

050203-3パパが棲家の柵を開けてくれたけど、いつものように飛び出していけなかったわ。だって、大きなGRがいそうなのだもの、柵の側を行ったり来たりしているわたしに、パパは「もうお隣のGRちゃんはいないよ」っていうので、ようやくその辺を走り回ることが出来たの。
雪の中に顔を突っ込んで、フムフムするのって楽しいね。

朝ご飯を食べて棲家へ行こうとしていたら、お向かいのおばさんがウエルッシュコーギーを連れて散歩から戻ってきたの。わたしは「アッ、またよそのワンが来た・・・ウウウウ、ワンワン」と吠えたら、パパから「吠えないで、お早うって言うのよ」って叱られてしまったわ。

2005.02.02

この冬一番の雪だった

昨夜から降り続いていた雪も明け方には止み、澄み渡った東の空にお日様が昇ってきたのよ。

その時間に、パパがバケツに入れた水を持って棲家の掃除に来たけど、棲家までの歩くところの雪かきをしながらなので、わたしは「パパ、早くお外に出して・・・ウワン、クーン」って催促したの。
棲家の外に出て、雪の上を飛び跳ね走り回ったけど、降ったばかりの雪って、フカフカでとても気持ちがいいね。
一晩で14センチくらい積もったので、パパの雪かきスピードが上がらないのよ。だから、「早く雪かきを終えて朝ご飯食べさせて・・・クゥン、クゥン」っていいながら、パパの手元に飛び込んだり、雪かきスコップに足をかけたり、パパの背中に飛びついたりして、ご飯の催促していたら、ママが玄関ドアを開けて「もも、おいで・・・」って呼び寄せ、ご飯を食べさせてくれたのよ。
でも、久し振りにママがドアを開けてくれたので、嬉しくてたまらず、ご飯を食べている途中でママにじゃれたりしていたら、パパから「ご飯は静に食べなさい」って叱られてしまったわ。

夕飯は、パパが戻ってからだったけど、棲家から出してくれたら、車がエンジンを掛けて止まっていたので、「ワァーイ、乗りたいよ・・・」と、車の側に行って待っていたら、パパがドアを開けて乗せてくれたのよ。
パパと農協ストアーへお買い物に行ってきてから、お夕飯だったのよ。

今日は、昨日に引き続き雪はねをしたパパだけど、テレビでこの冬一番の雪だって言っているそうよ。その雪をパパ一人で雪はねしたから、とっても疲れたそうよ。

2005.02.01

一日雪が降っていた

今朝、パパが棲家の掃除に来る少し前から、猛烈に雪が降りだして見る間に7センチくらい積もったのよ。
パパは棲家の水を換えて、掃除をしてから、お家の周りの雪かきを始めたの。
わたしは、もちろんその間ノーリードでお庭や畑を飛び跳ね走り回っては、棲家へ戻って水を飲み、また走り回って遊んでいたら、道路からの入り口だけ雪かきを残して、パパが呼びのよね。
何だと思って行ってみたら、玄関を指差して「玄関前で座りなさい」って。
それ朝ご飯だと、走っていって玄関前で待っていたら、パパが来てドアを開けてご飯の前で座って、待てをして、ヨシの声でご馳走様をしたのよ。

食後、棲家へ戻って間もなく、また雪が降りだし、パパが会社へ行くときには、もう朝と同じくらい積もっていたのよ。
その後、一日、雪が降ったり止んだりして夕方までその繰り返しだったの。
夕方、会社から戻ったパパは、オババの夕食の支度をしてから、わたしの夕食を取らしながら、お家の前だけ雪かきをして、お通夜に出掛けていったわ。

ママが札幌から帰ってきたすぐ後にパパも戻ってきて、また雪かきなの。
わたしが棲家から「パパ、一緒に遊びたいよ・・・」っていっていたら、棲家から放してくれたので、パパが雪かきをしている回りを飛び跳ねて遊んでしたのよ。
まだ、雪が降っているから、また明日の朝、雪かきだね・・・。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »