2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.31

今日も寒かった

昨日から吹き荒れていた風に雪がついて、今朝も吹雪いていたけど、あまりにも風が強いので雪は飛ばされ、お家の陰などに吹き溜まりが出来ていたわ。
棲家の周りの風は当たるところは、積もっていた雪が雨で融けてこの寒さで凍りつき、ツルツルになっているの。
ツルツルの氷の上は滑るから、避けて通るか、ゆっくり足元を確かめながら歩かなければ、ツルリと滑って転んでしまうのよ。

わたしも、土曜日に車に駆け寄っていったら、車の周囲が凍っていて見事に滑って転んでしまったのよ。
それから、凍っているところは避けて通ったり、走ってきてもスピードを落としてゆっくり歩くことにしたの。
そのわたしをパパが見ていて、「ももは、おりこうだね・・・、学習能力が高いね」って誉めてくれたのよ。

2005.01.30

風が強くて寒い一日だわ

昨夜は雪になる予報だったけど、遅くまで雨が降っていて、明け方の寒さでいたるところが凍ってツルツルなの。
お天気は、予報のとおり朝から晴れたけど、風が強く、一日中強風が吹き荒れていたわ。

パパも、歩くスキー教室の会場の雪が融けただろうから、今日はお休みだって言って、お家に中に引き篭もったきりでお外に出てこないの。
だからわたしはどこにも連れて行ってもらえずに、棲家の中を行ったり来たりしていたわ。

でも、朝の食事のときに、棲家のお掃除をするので外に出され、食事までの間、約1時間、畑の中を飛び跳ね、走り回って十分に運動したけどね。
夕食のときにも、早めに出してもらい、また1時間くらい遊ばしてもらおうと思っているのよ。

2005.01.29

バケツに八つ当たり?

CIMG058327日の木曜日、朝5時半から雪かきをしながら、わたしを遊ばせて、6時半頃に朝ご飯を食べた後、すぐにパパはわたしに「ハウス」っていうの。
そんなに早く棲家にもどるの・・・っと思っていたら、パパは「東京へ出掛けるからいい子にしていなさいね」って言って、車で出掛けていったのよ。

28日の金曜日、夜遅くに戻ってきたので、「パパお帰り・・・クワン、クワン」って言ったら、パパは「もう遅いから静にお休み・・・」だって。

今朝、少し雪が積もったので、その雪かきをしながら遊ばせてくれたのよ。
二日振りなので雪の中を飛び跳ね走り回って、パパに飛びついたりして、楽しい朝だったわ。
その後、雪が雨になり、歩くスキー教室もお流れになったので、一緒に出掛けられなくて、棲家の運動場を走り回って憂さ晴らしをしていたの。
夕方、いつもより早めに棲家のお掃除に来たパパが、お水を入れて持ってきたバケツを足でひっくり返し、バケツをくわえて走り回ったの。
一日、棲家のなかで溜めたストレスを、バケツに八つ当たりしている見たいだって、パパに笑われてしまったわ。

2005.01.26

一番の寒さ

今朝は、この冬一番の寒さだったわ。
お家に前の元浦川が、一面に氷結してしまい、越冬している白鳥さんたちは氷の上で丸くなって寝ていたのよ。

夕方から雪が降り出し、パパは今夜お通夜に出掛けるため、わたしの夕食に時間を掛けていれないからといって、器にご飯を盛り付けて棲家に持ってきて、棲家のお掃除もしないで食事を取らせ、さっさと行ってしまったのよ。
わたしは、パパにも都合があるだろうと思い、おとなしく夕食を食べたけど、構ってもらえなかったから、とてもつまらなく、寂しい思いをしたので、明日の朝は、思いっきり甘えようと思うのよ。

2005.01.25

東の空が・・・

朝の6時に、東の空がはっきりと明るくなってきて、夜明けがだんだん早くなってきていることが分かるようになったし、夕方だって、5時半でも西の空に残光でほんのりと明るいのよ。

そんな中、今朝は冷え込み、昨夜のミゾレが凍りつき、お家に回りはツルツルになってしまったの。
パパが滑らないように注意しながらバケツに水を一杯入れて、棲家のお掃除にやってきて、わたしを係留しておいてお掃除を済ましたら、リードから放してくれたのよ。
どうして放したかというと、リードをつけてわたしに引っ張られたら、足元が滑って支えられないからだそうよ。お陰でわたしは畑の中やお庭の中を飛び跳ねながら走り回ってから、朝ご飯にしたのよ。

昨日の夕方、ママが滑ったので今日はパパが帰ってきてから夕食だったの。
パパが懐中電灯を持って棲家にきたのは、もう6時を回る頃だったので、「どうして早く来なかったの・・・ウグワン、ウグワン」って甘え声を出しながらパパに飛びつきじゃれていたら、リードで係留されてしまったわ。
棲家のお掃除をしてから、今朝のようにリードから放してくれたので、また、畑を飛び跳ねながら走り回って、「もも、ご飯だよ・・・」ってパパに言われるまで夢中で走っていたわ。

真っ暗になった中を、玄関から出たわたしは、パパの「ハウスだよ・・・」って言う命令に従って棲家に戻り、大好きなほねっこを貰って、お休みなさいをしたの。

2005.01.24

生後7ヶ月を迎えたわ

今日で、わたしは生後7ヶ月を向かえたのよ。
土曜日に病院で体重を量ったら27.3キロになっていて、先生は順調な成長だといってくれたわ。

今日もパパが丁寧にブラッシングをしてくれたので、わたしは嬉しくなってブラシにじゃれ付き、パパの手からブラシを奪い取ってカミカミしながら、玄関のなかを転がって遊んでいたのよ。
そうしていたら、パパから「せっかくきれいにブラッシングしたのに、また汚れてしまったじゃないの・・・」って言いながら、ブラシを取上げて再びブラッシングをしてくれたわ。

パパがお勤めの日の夕飯のときは、ママが棲家に来て夕食を食べさせながらお掃除をしてくれるのだけど、今日は棲家の入り口が凍っていて、その上に薄っすらと雪が積もっていたところで滑って転んでしまったの。足の古傷がまた痛まないか心配なの。

今日の最高気温は5度位という予報だったけど、かなり寒くて雪になるのかと思っていたら、夕食後には、その雪が雨に変わり、地上はシャーベット状になっているから、夜の間に凍って、明日の朝はアイスバーンになるだろうと、パパが心配しているの。
明日も寒い冬日の予報なのよ。

2005.01.23

パパに連れられて

050123-07さすがに大寒ね。今朝も厳しい寒さだったのよ。

今日も町民スキー教室があり、パパに連れられてアエルのサッカー場へ行ってきたの。
スキー教室の間は、一番外れのベンチの支柱に係留されて、教室が終わるのを待っているのよ。
でも、教室に来ているお姉さんやおじさんたちが代わる代わるやってきて、おやつをくれたり頭をナデナデしてくれたりと、わたしを可愛がってくれるので楽しかったわ。

今日は、快晴で雪の上にいても、黒いわたしは暑くて、ベンチの影に寝そべったり、雪の上に身体をこすり付けたりするほどで、とても気持ちがよい一日だったわ。

2005.01.22

病院へ

050122-4今日は、9時15分の予約で三石の動物病院へ行ってきたの。
駅前から高台の住宅街へ引っ越したので、新しい建物をさがしながらいったけど、とてもすばらしいお家に併設した病院だったわ。
病院へ着いたらネコちゃんを連れた奥さんが先に入り、その次にわたしだったけど、すぐ後から来たパグちゃんが車の中からわたしに吠えたので、わたしも吠え返していたら、順番が来てパパが「ハイ、もも降りて」というので車から降りたけど、初めての場所でしょう・・・わたし怖くて尻込みしてしまったの。
パパが引っ張るのだけど、どうしても前に進めないでいたら、パパが抱かかえて玄関まで連れて行き、先生がリードを引っ張って無理やり診察室へ入れられてしまったの。
わたしは驚いて震えていたら、パパが来て抱っこして診察台の上に上げてくれ、ナデナデしていてくれたから大人しくお耳の治療と爪切りをしてもらったのよ。
その診察台は、秤にもなっていて乗るとデジタルで体重が表示されるのよ。わたしの体重は27.3kgで順調な成長だと先生に言われて、パパは安心したようよ。

病院からまっすぐに歩くスキー教室を開いているアエルに行き、パパは歩くスキー教室に出ている間、わたしはベンチに係留されてちゃんと待っていたのよ。教室に来ているおばさんやおじさんに頭をナデナデしてもらいとても嬉しかったわ。

2005.01.21

寒いわ

昨日、大寒の入りだったけどお日様が出て暖かかったのに、今日は朝から冷え込み寒かったのよ。
その寒い中を、お家に前の道路を小学生が歩いて学校へいくのを見て、私と「遊んでよ・・・ワン、ワン・・・」って吠えていたら、パパが吠えてはいけないよっていうの。

今朝は、いつも使っている敷物の縁を咬んで引っ張って、中のあんこを引きずり出して遊んでいたら、その敷物を取上げられてしまい、古い敷物と取り替えられてしまっらの。
取上げられた敷物は、表面が起毛であって、なかなか暖かい敷物だったのに、ついつい咬んで引っ張っていて壊してしまったら、この寒い大寒にぶつかり、寒い思いをしてしまったわ。

朝も、日中もお水が凍り、朝夕の棲家のお掃除のときに、バケツに入れて持ってくるお水を待っていてゴクゴクと飲んだのよ。

2005.01.20

雪の中って楽しいよ

今朝も雪が積もって、パパがお家の周りを除雪しているあいだ、柵から放して自由にしてくれたのよ。
久し振りに放してもらえたので、積もった雪の中を飛び跳ねて走り回り、積もった雪の中に首を擦り付けたりしながら楽しんでいたけど、そのうち、塀の外に何か落ちていないかと思い、パパに内緒で塀の外や畑の境界の木の下などをクンクン嗅ぎまわっていたら、パパに見つかり、「もも、こっちにおいで・・・」って呼ばれたから、渋々パパの側に行ったのよ。
パパったら、「拾い食いしたらご飯は抜きだぞ・・・」っていうのよ。
そればっかりは許してね・・・って、パパの側に付きっ切りで雪かきが終わるのを待っていたの。
ようやく雪かきが終わり、玄関で朝食を食べ、棲家へ戻って、パパから大好きなほねっこを貰ったのよ。

2005.01.19

ビックリしたわ

今日、お隣のゴールデンが放れて、わたしの棲家の前までやってきたのよ。
このゴールデンの男の子は、「わうふ、わうふ」って吠えながら棲家の方へ走ってきたので、わたしはビックリして小屋に逃げ込み、顔だけ出して「ワン、ワン、来ちゃいやよ・・・」って吠えまくったので、ゴールデンとわたしの吠え合戦になったの。
お隣のお姉さんが放れたゴールデンを連れていったけど、まだ気になって吠えていたら、ママがお家から出てきて「もも、何に吠えているの・・・、静かにしなさい・・・」って叱られたから吠えるのを止めて、様子を見ていることにしたのよ。
その後、お隣のゴールデンの男の子が静になったので、わたしも安心してお昼寝したの。

2005.01.18

盗み食い・・・

今朝のご飯には、お米が入っていたのよ。
最初、初めての味だったので恐る恐る食べたけど、おいしかったわ。ドライフードだけよりは食べていても味わいがあるようね。大好きなリンゴも入っていたのよ。

朝食後、久し振りにリードを外して「ハウス」ってパパが言うので、棲家へ走って行ったけど、パパが水飲み器の氷を取って洗っている隙に棲家から出て、塀の外側から臭ってくる匂いを辿っていったら、カラスが持ってきたのか、サケのトバの切れ端が落ちていたの。
わたしは喜んでトバをくわえて棲家の側まで来たら、パパに見つかり「もも、それオフ」ってパパが言うので、上目使いでパパを見ながら急いで食べようとしたら、パパが「もも、ダメだ・・・」って言いながら近寄ってくると、わたしはその分、遠ざかる、その繰り返しをしながら全部を食べてしまったの。こんなわたしって、悪い子なのかな・・・。

わたしが食べたトバは、パパに言わせると「油焼けした、臭いトバ」だそうで、食べ終わってから棲家に戻ったら、パパが「ももの息が臭いよ・・・カラスがもって来て落としたものを盗み食いしたらいけないよ・・・」って叱られ、バケツの水で口の中をジャブジャブって洗われてしまったの。
バケツの水が、とっても冷たかったわ。

2005.01.17

今朝も懐中電灯で・・・

今日は月曜日で、パパの会社では早朝会議のある日なの。
昨日からママがお留守なので、パパがいつもより早く棲家の掃除、昨日に続いて懐中電灯を持ってやってきたのよ。
土曜日に、カラスが運んできたらしいサケトバの食べさしを雪の中から掘り起こして、そこへ首筋をスリスリして匂いを付けたから、朝も夜の柵から放してもらえないのよ。今朝も、今晩もリードで係留したままでお掃除をしているので、パパに飛びついたり、カミカミしたりして甘えることが出来ないの。
だから、リードをつけて玄関へ引いていかれるときに、思いっきり飛びついたり、足にまつわりついたりしてじゃれてみたら、パパも大目に見てくれて、相手をしながら歩いてくれたわ。

2005.01.16

日が長くなったよ

今朝、パパが5時半過ぎに懐中電灯を持ってきて棲家の掃除をし、水を替えて、玄関に行って朝ご飯を食べさせてくれたの。
いつもの時間より大分早いけど、もうわたしは起きていて、柵の中を行ったり来たりと運動をしていたけれど、6時前はまだ真っ暗なのよ。

今日は、日高スキー連盟の総会があり、日高町へ出掛けるからいつもより早く棲家の掃除をしてくれて、7時過ぎにお迎えの車が来てパパは出掛けてしまったし、ママも、お昼頃、明日、札幌の病院で診察を受けるため、バスでお出掛けしてしまい、お家にはki-yoオババ一人でお留守番しているので、わたしは心配で、お昼寝もそこそこに、知らない人がお家の前を通るたびに「ワンワン」と吠えて警戒していたの。

パパも、「早く帰るよ」って言って出掛けたので、5時過ぎにお家に戻ってきたわ。午後4時を過ぎると暗くなっていたけど、この頃は日増しに日が長くなり、4時半でも薄明るく、ずいぶん日が長くなったわね。
日が落ちてから、パパが戻った5時過ぎまでは、あまり長い時間でなかったので、わたしは寂しくなかったから、パパが着いたとき、元気に「お帰り・・・ウワンウワン」って声を掛けたのよ。

2005.01.15

楽しかったわ

町の委託を受けた業者が、ゴミの種類別に曜日を決めて回収に来るので、生ゴミなどは回収日に合わせて出しているけど、その他の燃えないゴミや燃えるゴミ、資源ゴミはためておいてクリーンセンターへ持ち込んでいるの。
今日、クリーンセンターへゴミを持ち込む日なので、8時過ぎからパパがゴミの分別を始めたので「ワーイ、わたしも連れて行って」ってお願いしていたら、分別作業中に柵から出してくれたけど、そのゴミがいい匂いを出しているからクンクン、ベリベリと遊んでいたら、パパに叱られたりして、分別に時間がかかり、9時頃にようやく車に積み込み、わたしも乗って、クリーンセンターへ行ってきたのよ。

050117-1その後、10時からの町民歩くスキー教室に連れて行ってもらったわ。
最初、大勢の人が長い棒を持って歩いているので驚いたけど、みんなが「ももちゃん、おいで」って呼んでくれたので雪の中へ入っていって、みんなによい子よい子とナデナデしてくれたり、わたしを抱きしめてくれたり、とっても楽しかったわ。
パパが、スキーを履いてわたしのリードを持って「もも、それ引け・・・」っていうので、雪の中を「ワッセ、ワッセ」と引っぱたけど、わたしがこっちの人、あっちの人、とまっすぐ走らないで、パパの足にリードが絡まって失敗に終わったのよ。
帰りには、みんなが「ももちゃん、またおいでね・・・」って言ってくれたから、今度もパパにお願いして連れて行ってもらうわ。

2005.01.14

ウッフ・・・

パパが、12日から今日、14日まで札幌へ出張していて、今夜、ようやく会えたのよ。

12日の朝は、またまた雪が降って積もり、パパが雪かきをして出掛けたけれど、その後も降り続き、夕方には朝より積もってしまい、ママが雪かきしたのよ。
その雪かきの間、ママはわたしを放してくれて、雪かきのお手伝い?いいや、お邪魔をして遊んでいたの。

今日、パパが出張から戻ってきて、まっすぐわたしの棲家まできて、「お~い、もも、元気かい・・・」って声を掛けてくれたので、わたしは大きな声で吠えようとしたけれど、嬉しすぎて「ウッフ・・・」って答えてしまったわ。

明日はゴミステーションへ家庭ごみを持っていく日なので、また車に乗せてもらえるわ。

2005.01.11

今日も雪が積もった・・・

昨日の午後のバスで、ママが札幌へ出掛けたので、パパとオババがお留守番をしているのだけど、昨夜来の雪が降り積もり10センチ強の積雪になっていたの。

パパは、朝6時から雪かきを始め、わたしの棲家へ来る道と水場の周りを先に除雪してから、柵を開けて放してくれたけど、まだ暗くてパパは棲家の掃除が出来ないでいたのよ。
除雪をしているあいだ、わたしはパパの周りや畑や庭を飛び回り、身体中に雪だまをつけて走り回っていたの。
道路側だけ残して除雪を中断して、わたしの朝食を食べた後、棲家の掃除をして、わたしをハウスさせて柵を閉じ、道路側の除雪と両隣までの歩道の除雪を終えて、パパがお家に入ったのが7時過ぎだったわ。それからパパとオババの朝食の用意をしているときに、道路の除雪に除雪車が走り、せっかくパパが雪かきしてきれいになった歩道に雪を一杯のっけていってしまったの。

パパは、「除雪に来るならもっと早く来いよ・・・」って怒って、そのまま会社に行ってしまったわ。

2005.01.10

わたしも連れて行って

050110-1今朝も雪が積もり、朝食前にパパと雪かきをしたのよ。
一番たくさん積もって、雪の中を飛び跳ねると、フカフカしてとても気持ちがよかったわ。

9時半ころ、パパが町民歩くスキー教室にお出掛けしたけど、その用意をしているときに、「わたしも連れて行って」って「ウォンクークー」とおねだりしたけど、パパは「今日はもも、お留守番ね」って言いながら車で出掛けてしまったの。
わたしだって、連れて行って欲しいのよ。

午後から、猛烈な風が吹き出し、積もった雪が風に吹かれて舞い上がり、わたしの棲家も塀と屋根を越え、雪が巻き込んできて、寒いので小屋の中で丸くなって寝ているしか方法が無いの。
パパだって、こんな風の中を散歩に連れて行ってはくれないだろうし、じっと風が止むのを待つしかないのかな~。

2005.01.09

雪が降ったよ

050109-1b暮れに降った雪もお正月の3日と4日の雨ですっかり融けてしまい、昨日から始まった町民歩くスキー教室も実技が出来ないといってパパが困っていたのよ。
今朝も、雪のユの字もなたっかたのに、8時頃から降り出した雪があっという間に積もりだし、これならサッカー場の芝生の上に積もったわずかな雪でも歩くスキー教室が出来るといって、パパが出掛けていったの。
午前10時からの教室で、パパはスキーを教えているのだけど、今日は参加者が少なかったし、雪も今ひとつなので、教室は1時間だけ開いて戻ってきたのよ。
それから積もった雪の除雪作業を始めるので、わたしを柵から放して遊ばせながら雪かきをしたの。わたしは嬉しくて飛び跳ねながら作業中のパパの周りを走り回っていたわ。

わたしは、フラットコーデットレトリバーの女の子で名前は「もも」。今日現在、生後200日目なのよ。

2005.01.08

朝日が昇る

050108-4今朝もしばれて寒かった。
朝食後、玄関の前で朝日が昇るのを見ていたら、パパが写真を撮ってくれたけど、わたしの目も朝日を浴びて赤く光っているの。
その後、お正月のお飾りを外し、浦河神社へ持っていき、ドンド焼きにお願いしてきたけど、わたしも車に乗って一緒に行って来たのよ。
その帰り道に、浦河港の白防波堤でチカ釣りをしている人たちを見物するために寄ったのよ。
車から降りて釣っている人たちのところへ行く途中で、あまりにも大勢の人がいるのに驚いてしまい、わたしは「車に戻るよ」ってグイグイ引っ張って戻ってしまったの。

2005.01.07

またも雨が降って・・・

今朝もまた雨が降っているの。
パパは片手に傘、もう片手に水を入れたバケツを持って、足元を気にしながらやってきて、柵越しにわたしをリードでつないで、小屋の前に係留してから、小屋の寝床の掃除と整理をしてから、運動場のお掃除と水飲み器を洗い、水を補給してから、バケツをわたしの方に持ってきて「はい、もも、水を飲みなさいね」って置いてくれたのだけど、パパがお掃除したゴミなどを畑の穴に捨てに行っている間にバケツを足で突いて遊んでいたら、ひっくり返ってしまい、小屋の前の板張りに水を撒かしてしまったの。
もちろんパパに「どうしてバケツに足を入れるの・・・」って叱られてしまったわ。

雨の中、玄関まで走っていって、パパが来るのを待って座っていたけど、近づいてくるパパに「はやく、ウ~ワン」って催促したら、パパが「座って、待って」って、また叱られてしまったわ。

朝食後、パパがわたしの歯の検査だといって、口の中にてを入れて一本一本丁寧に歯の具合を調べだし、その後で歯磨きをしてくれたの。
パパは、「もも、お利巧にしていたね」って誉めてくれたけど、わたしはごろんと横になって、パパに口を押さえられているから、「グワグワ」言いながらパパの手を甘咬みして、じゃれていたの。だって、そうしているより仕方が無いものね。

2005.01.06

ウ・・・ン、早く・・・

いつも、朝の棲家の掃除の前に、パパはわたしの朝食を用意してから来てくれるのだけど、今朝は食器を洗いに外の水場に来たので、「パパ、早く出して・・・クイィ~クイィ~」って言って柵から出してもらったの。

玄関へ行くまでに、パパにじゃれて遊びながら行き、ドアを開けたらパパが「待てっ」ってわたしを座らせて待たせておいて朝食の用意をし始めたのよ。
うん・・・お腹がすいたよ・・・って、パパの方を見て催促しても、「ダメッ、待ちなさい」というの。う・・・早く・・・。

お昼に、様似のワン大好きおばさんが遊びに来て、「ももちゃん、会いにきたよ・・・」っていいながら棲家の方に来たけど、初めは誰だかわからずに「ウワンワン」って威嚇したら、ママに「もも、どうして吠えるの、だめよ・・・」って言われて、よくよく思い出したら、ワン好きおばさんだったの。

棲家から外に出してくれたから、そのおばさんにたくさんナデナデしてもらい、とても嬉しかったわ。
もう忘れないから、また来て遊んでね・・・。

2005.01.05

一転してシバレたのよ

昨日は雨で暖かかったけど、今朝方は一転してシバレが厳しかったのよ。

雨でどろどろになったそこらじゅうに付けたわたしの足跡が、このシバレで凍って鮮明に残っているの。
その足跡をつくづく見ていたパパが「ももの足跡は大きいね」って言いながら、「何とかの大足って言う例えもあるからなぁ・・・」だって。失礼しちゃうわよね。

わたしの足は、身体に比例した必要不可欠な大きさだから、決して大き過ぎではありませんのよ。

2005.01.04

雨でどろどろ・・・

昨夜からの雨が降り止まず、棲家への道がどろどろになっているので、パパは棲家のお掃除に来たとき、棲家の鉄柵越しにリードをつないで外に出してくれたのだけど、わたしはそんなこと分からないから、お外に出られたことが嬉しくて無我夢中でパパに飛びついたの。
パパは、「ももの足が汚れているから飛びつかないの・・・」って言われても、嬉しいんだもの止められないのよね。
玄関へ行って朝ご飯を食べているうちに、パパのウインドーブレーカーにわたしが飛びついて足をかけた後がはっきりついているのを見て、パパに悪いことしたなって思ったけど、後の祭りだわね。
食後に、棲家へ戻るときは、いつものように遊ばして貰えず、まっすぐ棲家に戻されたの。きっと、パパがウインドーブレーカーをどろどろに汚されたお仕置きに、わたしを遊ばせずに棲家に戻すのかと思ったら、雨が降っているので、わたしの体が濡れたら風邪を引くと困るからなのだそうよ。
パパって、どろどろに汚されても、わたしのことを心配してくれていることがわかり、今度からもっと言うことを聞くようになろう・・・と思うの。

2005.01.03

吠えちゃった・・・

今朝は昨夜の積雪が、明け方からの雨で水を含んだ重い雪に変身してしまい、雪の上を歩くと足がしみ出した水でベチョベチョになってしまうの。
朝食後、パパは重い重いといいながら雪かきをしだしたので、わたしはノーリードでお庭や畑やパパが雪かきしている周りなどを飛び跳ねたり、クンクンと匂いを嗅ぎまわったり、湿った雪の上に寝転んだりして遊んでいたの。
パパは、雪かきしながら、わたしが見えなくなると「ピユ~」って口笛を吹き、「もも、おいで」って呼ぶの。なんだろうと思いパパの側に行くと、「よい子、よい子」っていいながらナデナデしてくれるのよ。

何度目かに呼ばれて飛んでいったら、道路の向こう側のお家のおばさんがウエルシュ・コーギーを連れて朝のお散歩から帰って来るのを見つけたの。
今までだったら、走って棲家に逃げていたと思うのだけど、今日はパパも側にいたから、わたしはそのウエルシュ・コーギーをじーっと見つめていたら、突然、自然に「ワン、ワン」って吠えてしまったの。
パパに、「もも、どうして吠えるの?・・・お早うって言わなくてはいけないよ」って叱られてしまったけど、「ワン、ワン」って吠えてみたら、わたし、何か強くなったみたいよ・・・。

2005.01.02

今にも雪が降りそうな・・・

今日は、夜明けからどんよりとした冬空で、気温も低くとても寒く、今にも雪が降りそうな天候なの。
akaneちゃんたちが帰ってしまったので、今朝はパパが一人でわたしのお相手をしてくれたのよ。
ソフトディスクを投げてくれたので、走っていってくわえてきたけど、パパのところを素通りすること数回。パパはすっかり怒ってしまい、「もも、ここに来てオフだよ」って、何度も言うけど、わたしはそれを無視してあっちへいったり、こっちへいったりしていたの。
こんなわたしって、いけないかしら?

2005.01.01

謹賀新年

050101-2あけましておめでとうございます。
新年は、凍てつく夜明けになったけど、美しい初日の出を拝めたのよ。
お家の真正面の小高い山の上に太陽が昇るのだけど、今日は上空に雲があったけど、雲に隠れることもなく、見事な初日の出だったわ。

パパが、akaneちゃんに「ももが遊びたいといっているよ・・・」って言ったそうで、akaneちゃん一家が棲家に来て「もも、遊ぼうよ・・・」って外に出してくれたの。
最初は、いつも係留される位置につながれて、その間に凍った水飲み器の氷を取ってくれて、それから車庫の前に来て遊んだのよ。
パパが、道路を散歩しようといい、akaneちゃんとtomoちゃんが先に立って歩いていくので、パパをリードで引っ張りながら歩道を歩いていったの。
でも、お隣との境界まで来たとき、わたし突然ひらめいたの。「この先へ行くと、お隣のGRに吠えられる・・・」って、ひらめいたから、「パパ、この先へは行かないよ・・・」って座り込んだの。
それを見てakiママが「いやぁ~ももちゃんは臆病ね」って笑ったけど、わたし、嫌いなものは嫌いなの。

今年もわたしは元気に過ごして行こうと思っているから、みなさん見守っていてね。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »