2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

全国のフラットさん

blogランキング

無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.31

大晦日よ

041231-09今日は大晦日よ。
何かと忙しい中、午後からパパとakaneちゃんが車で海に連れて行ってくれるというので、リードをつけて、そのリードをまとめてくわえ、喜んで走り回ってから車に乗ったのよ。

行き先は、いつものケリマイ海岸で、今日は雪に埋まって真っ白だったのよ。
パパとakaneちゃんと海岸を小川の後まで走っていき、帰りは雪の中をクンクン嗅ぎまわりながら戻ってきたの。
041231-11
道路を車がビュンビュン走っていくから、いつも歩ける道路の側の草むらが雪の山になっていて、そこを歩くとウホウホと一歩一歩飛び上がるようになるので、海岸から上がって車道を走って駐車場まで来たのよ。
車に乗る前に、パパがわたしの雪まみれの足とお腹を拭いてくれたの。

いよいよ明日はお正月ね。ご馳走はなんだろうか、とっても楽しみよ。

ワァ~ィ、雪だよっ・・・

041231-01夜中じゅう降っていた雪が13センチほど積もったよ。
パパとakaneちゃんがお家から出てきて雪かきをしながら棲家の方に来たの。
バケツに水を入れて、棲家までの雪かきをしながら来る間、わたしは、早くはやくって吠えながら飛び上がって待っていたわ。
棲家から出たら、あたり一面真っ白だもの、リードでつながれる前に足跡のついていない雪の上を飛び回っていたら、パパに捕まってしまったのよ。
いつものように、棲家のお掃除が済む間、ポールに係留されていたけど、今日はakaneちゃんが側について遊んでいてくれたから、寂しくなかったわ。

朝食を玄関で食べていたら、akiママ、tomoちゃん、hitoちゃんが起きてきて、わたしをナゼナゼしてくれたから、すっかり嬉しくなってみんなに愛想を振りまいて、ハイパーになっていたよ。
食後、パパが雪かきを始めたので、skaneちゃんと遊んでいたけど、わたしがあんまり走り回るので、雪かきの手を休めて棲家にきて、水飲み器の氷を取り、新しい水を入れてくれて、「ほねっこ」を貰って、おいしいおいしいと食べたのよ。

2004.12.30

おいしいよ・・・

今日の朝食に、鳥のささ身が入っていたの。
初めて食べるお肉だから、恐る恐る食べてみたら、これがおいしいのよね。
「もっと食べたいよ・・・」って、パパにおねだりしたのだけれど、今日はそれでお終いよっていわて、仕方がなくあきらめて棲家に戻ってきたわ。

食事に行く前に、凍りついた水飲み器をバケツの水の中に漬けておいたけど、まだ氷が取れなくて、パパが氷を突いてようやく取り、水飲み場において、水を補給してから、やっと「ほねっこ」を貰うことが出来なのよ。
その間、わたしは「早くほねっこをちょうだいよ」って、棲家の中に入ったり、パパの側に行ってバケツの水を飲んだりと、忙しかったわ。

午後に、突然shinパパがakaneちゃんたちを連れて棲家に来たので、一瞬誰かと思いパニックになったけど、「もも」って呼ばれてshinパパたちなのを思いだし、うれしくなって走り回ったの。
わたしが大きくなったので、akaneちゃんがびっくりして「もも、大きくなったね・・・」って言ってくれたのよ。
明日は、朝からakaneちゃんたちと遊べるので、今から楽しみにしているのよ。

2004.12.29

アッ、あれがいたよ・・・

今朝、朝食前にパパと遊んでいたときは見かけなかったけど、食後、棲家へ帰ろうと玄関を出たら、生垣の中にあれがいたの。
「チュン、チュン」って数羽が生垣の枝を飛び渡りながら、わたしをあざけるように鳴いているのよ。
それを見た瞬間、わたしはリードをつけてパパと歩いていたから、自由が利かないから吠えないで、その場に止まり、歩くのを止めたの。
パパは、「もも、どうしたの」って聞くけど、「チュン、チュン」ってうるさくさえずる「スズメ」というのが嫌いなのよね。

わたしが座ったまま動かないから、パパはポケットから「ごん太のほねっこ」を出して、わたしの鼻先で見せびらかし、「ハウスだよ」って誘うので、「ほねっこ」を食べたいばかりに腰を上げて、棲家へ走って戻ったの。

今日も、パパの術中にはまってしまったようね。

2004.12.28

何かが飛んできたよ・・・

わたしの棲家の屋根裏に、何かが飛んできたの・・・
びっくりして小屋に避難して、そっと覗いたら「チュン、チュン」っていいながら数匹の得体の知れないものが屋根裏の梁に止まっているのよね。
「なによ、ここはわたしの棲家なのよ」って、「ワン、ワン」と大声で吠えて脅かしたけど、図々しく屋根の梁から庭木の枝へと飛び移り、「チュン、チュン」ってわたしを無視しているの。
「ワン、ワン:よそに行きなさいよ」って吠えて、吠えて、ようやく追い払ってやったのよ。

あとで、パパに聞いたら、「それはスズメという小鳥で、家の周りにたくさんいるから仲良くしなさい」って言われてしまったわ。
ママが、お家に中から、わたしが何時になく吠えるので、どうしたのかと見たら、スズメに向かって吠えていたって、笑い話になっていたというの。
わたしは、そんなこと知らないから、エーリアンが襲ってきたかと必死だったのよ・・・。

2004.12.27

積雪を蹴散らして・・・

今朝、6時ことからブワッっと雪が降り出し、少しの間に5センチ以上降り積もったのよ。
丁度、朝食前の棲家の掃除にパパが来るときで、玄関の前の雪かきだけしてから棲家に来たけど、わたしは「パパ、早く、ウワン、クイークイー」って叫んでいるのに、パパったら雪かきスコップで雪かきをしているの。
掃除する間、わたしを係留しているのだけど、深々と降る雪が身体中に降り積もり、何度も何度もブルン、ブルンして雪をほろったけど、次から次に毛の間に降り積もってしまうのには困ったわ。

食事を終わってから、パパは駐車スペースや玄関前や物置の周りの雪かきをしているあいだ、わたしはノーリードで庭から畑へと積もった雪を蹴立てて走り回って遊んでいたの。
時々、パパが「もも、おいで」って呼ぶので、パパの後ろから行って背中に飛びついて驚かしてあげたのよ。
パパが見える方から近づくと、雪かきスコップ一杯の雪を掛けられるので、後ろ側から近づくのよね。

30分ほど走り回り、棲家に戻ったら、丁度パパも雪かきを終えてきて、わたしの大好物の「ごん太のほねっこ」を貰って、わたし満足だったわ。

2004.12.26

アララだって

今日はパパがお休みなのにどこにも遊びに連れて行ってくれないのよ。
「ウワン、クーン」ってパパを呼んだら、「年賀状を書いているからもう少し待ってね」って言って、リードをつけてちょっとだけお家の周りを歩いてくれたの。

午後遅くなって、遊びに行くよって車に乗せて出掛けてくれたけど、すぐ側の歯医者さんの駐車場に車を停めて降りて、川の堤防に向かって歩き出したの。
でも、その辺は他のワンコの匂いがいっぱいするので、わたしは思わず尻尾を股の間に入れて、恐る恐る匂いを嗅ぎながら歩いていたけど、「やっぱりいやだよ」って車に向かって後ずさりしてしまったの。
それを見たパパは「アララ、ももの弱虫」って笑うのよ。
嫌なことは、嫌なのですう・・・。

2004.12.25

ハッハッハーッ

パパが「朝飯前のひと働きならぬひと運動をしなくてはいけないよ」っていって、ソフトディスクを投げて遊んでくれたの。
わたしは、ソフトディスクをくわえるのが初めてなので、最初はくわえる事が出来なかったけど、角を足で押さえると反対側が浮き上がりくわえやすくなることを見つけたので、次からは大丈夫だったよ。
パパは、「ディスクが落ちないうちにくわえなさい」って言うけれど、それが出来ないの。
でも、落ちると同時に足で押さえつけてくわえ、持って逃げると、パパが怒って追いかけてくるの。わたしはパパに捕まらないように逃げ回るのだけど、これってとっても面白いお遊びなのよね。
物置の周りや、玄関の植え込みの周りをハッ、ハッ、ハッって荒い息をしながら走り回って楽しかったよ。

2004.12.24

丸くなって・・・

小屋の中に敷いてくれる敷物を、みんなお外に引っ張り出して、その上で寝ているのを見たパパが、小屋の中の敷物の他に、古い車で使っていた座布団を一つ入れてくれたの。
大きな敷物をくわえて引きずり出すのは、ちょっと力が要るけど、このお座布団ならくわえてどこにでも持っていって敷いて、その上に座ったり、丸くなって寝たり出来るから、すっかり気に入ったわ。

今日は一日中お日様が出ていて、ポカポカと暖かかったのよ。
そこで、わたしはお座布団を小屋の前のベランダの持ち出し、そこでお座布団の上に丸くなって寝転び、日向ぼっこしていたのよ。
夜のご飯のときに、ママが棲家の掃除をして、そのお座布団も小屋の中に敷いてくれたけど、ご飯を済ました後で、また外に持ち出して、その上でまどろんでいるのよ。

2004.12.23

積雪

昨夜の吹雪で、今朝は相当積雪になるかと思ったけど、風が強すぎて降った雪が飛ばされてしまい、物置の前やお家の前に吹き溜まった積雪が少しあっただけだったのよ。
朝の食事の後、パパが雪かきをしているとき、パパの後ろから近づき、背中に飛びついたりして遊んだの。
畑も庭も少し雪が積もっていて、その雪を蹴立てて走り回ったけど、雪の中を走るのってとても気持ちがいいね。

パパが買い物に行くとき車に乗せて連れて行ってくれたのよ。
交差点で信号待ちをしていたとき、お店のエアコンの冷却フアンが回っているのを見て、ついつい、「ワン、ワン」って吠えたのよ。

昼から、よその犬好きのおばさんが遊びに来て、わたしの棲家に来たので、小屋の中に隠れていたら、パパが来て「もも、出ておいで・・・」って呼ぶので、恥ずかしかったけど棲家から外に出て、おばさんによい子よい子と撫でてもらったけど、怖くて足が震えてしまったのよ。
でも、とても犬好きのおばさんなので、すぐ慣れて、わたしのリードを持って遊んでくれたの。
よその人を怖がっていたけど、そんなに怖がらなくてもいいんだね・・・。

2004.12.22

お願いね

041222-2昨夜からの吹雪は、今日の夜まで続いたのよ。

朝のご飯のとき、パパが「ももが大きくなって、玄関が狭くなったね」って言って、私の食事を玄関でさせられないようなことをママと話しているのを聞いて、「そんなこと言わずに、玄関で食べさせてよ、お願いね」ってパパとママにお願いしたの。

食後、パパが雪かきをしたけど、先日雪かきスコップでどずかれたので、雪かきスコップの前には行かずに、パパが雪かきをしている後ろから近づいて、パパの足にじゃれていたの。
そういたら、パパが急に振り向いて、わたし目がけて雪をかけるのよ。

濡れて、凍った敷物を全部片付けて、新しい敷物を入れてくれたけど、うれしくて、また小屋から引きずり出して振り回して遊んじゃったのよ。
そうしたら、夕方、ママにまた叱られてしまったわ。

2004.12.21

吹雪に

今日は、朝から吹雪模様で、棲家の中にも雪が吹き付けて寒かったわ。
昨日の雨で、小屋から引っ張り出した敷物が濡れてしまい、パパが怒って敷物全部を小屋の屋根に広げて乾していったけど、小屋の屋根に飛びついて、敷物を引っ張って下におろし、くわえて振り回して遊んでいたの。
夕方、ご飯を持ってきたママに、「またこんなに散らかして」って、叱られてしまったわ。

朝からの吹雪が夜になっても治まらず、風が一層強くなって棲家の周りの鉄板塀を支える鉄管と庭木の枝がぶつかって立てる音がうるさいのよ。
わたしは、このガタガタギーギーっていう音が、苦手なのよね。
今晩一晩中、この音に悩まされるのかな?・・・

2004.12.20

ほねっこ大好き

朝の食事前、パパが棲家のお掃除をしている間、わたしは庭から畑へと、走りまわり飛びまわって遊びに興じていて、パパが「もも、ご飯だよ・・・」って声を掛けてくれるまで、夢中に遊んでいたの。

ご飯の後、お隣の牧草地まで走っていこうとしたら、パパが「ほねっこ」を鼻先に突き出したので、「わぁい、それ頂戴」とパパの手に飛びつきながら歩いていると、パパが「ハウス」って言う声に釣られ、まっすぐ棲家に戻って座って待っていたの。

夜のご飯のときも、雨がざーざー降っている中、食後に棲家に戻るときに、またパパが「ほねっこ」を鼻先に突き出して、「もも、ハウス」っていうから、急いで棲家に戻ったのよ。

座って待っていると、ご褒美に大好きな「ごん太のほねっこ」をもらえるの。
わたし、この「ほねっこ」が一番のご馳走なのよ。

2004.12.19

今日は、昨日同様に良い天気だったけど、風が強く寒かったのよ。

パパが、風が吹く中、リードをつけて散歩に誘うのよね。
お家の前の道路を南に向かって歩き出したけど、この先へ行くとお隣のゴールデンがいて、わたしの「ウワン、ウオン」って吠えるのを思い出し、「パパ、お散歩やめようよ」って、歩くのをやめ、後ろを向いてお家に前まで一目散のパパを引っ張って戻ってきたの。
それでもパパはお散歩をやめないで、今度は北に向かって歩き出したのよね。わたしはいやいやだけど付いて行って、お隣との境界までいって、またUターンして戻ってきてしまったの。
わたしは、やっぱりお家の前の道路は、いろんなワンの匂いがして、落ち着かないのよね。

わたし、フラットコーデットレトリバーの女の子「もも」、今日現在、生後179日目よ。

2004.12.18

海へ

今日は、昨日までの大荒れが嘘のような良いお天気になったのよ。
第三土曜日なので、パパは、家中のゴミを集め、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミに分別して、車に積んでクリーンセンターへ持っていくの。
物置の前で、ゴミの分別をしているあいだ、わたしはお外のカーポートの柱に係留されて、その作業を見ていたのよ。パパに、「早く、早く」って急かしていたら、ダンボール箱を開いて寄こしたので、しばらくはそのダンボールをかじったりしながら遊んでいたら、全部のゴミを車に積み込み、わたしが遊んでいたダンボールを最後に積み込み、わたしを鎖から放して車に乗せて、クリーンセンターに行ったの。

041218-4その後、いつものケリマイ海岸へ来るまで遊びに行き、パパと波打ち際をず~っと歩いてきたのよ。
車を置いたところが見えなくなるまで歩いていき、そこから戻ってきたとき、ロングリードからお散歩用のリードに付け直してパパを引っ張りながら歩いていたら、リードをくわえたくなってピョンピョン飛び跳ねながらリードをくわえて遊んでいるうちに、パパの手を咬み咬みしたくなり、パパに飛びついたのよ。
パパは立ち止まって、手を咬ませてくれて、わたしの背中を撫でてくれたので、その場に座って写真を撮っているうちに、何となく寝転がってしまったの。
海の砂利の上って、ひんやりとして気持ちが良かったよ。

2004.12.17

雪を蹴立てて

041217-3今朝、雪が3センチくらい積もったの。
朝ご飯を食べたあと、パパがお家の周りの雪かきをする間、わたしを放してくれたので、庭から畑へと走り回り、パパが雪かきをしている雪かきスコップに飛びついたり、パパに飛びついてしゃれたりして、とても楽しい時間を過ごすことが出来なのよ。

パパが変てこな大きなスコップのような雪かきで、雪を跳ねていたので、その雪かきスコップの前を横切ったとたんにパパが雪を跳ねたので、わたしの身体を雪かきでどずく格好になって驚いたから、それからは雪かきスコップの前には行かないことにしたの。
それでも、パパはわたし目がけて雪かきスコップに一杯の雪を投げつけてくるのよ。その飛んでくる雪を身体をかわして避けるのも楽しい運動だわ。

もっと深く積もることもあるのだって。
たった3センチ程度の積雪でも、これだけ楽しい思いが出来るのだもの、もっと深く積もると、どんなに楽しいか、今から楽しみにしているのよ。

2004.12.16

ツルリ、スッテン・・・

今朝は、昨夜の雪が融けて、明け方に冷え込みで一面凍っていたの。
棲家から勢いよく飛び出して、物置の角を回ったとたんにツルリ、スッテンと転んでしまったの。
「アァ」っと思ったら、足が四つとも滑ってしまっていたのよ。パパに見られないうちに急いで立ち上がり、そのまま玄関に走っていったわ。
転んだところを見られると、またココログに書かれてしまうから、わたし恥ずかしいものね。

今日は、パパの定期健診日で、札幌の病院へ朝早くに出掛けていったのよ。
途中、雪が降ってきて、日高自動車道も高速道路も除雪が間に合わなくて、走りずらかったそうよ。
結局、札幌南インターまでは何とか行けて、病院に予約時間を1時間遅れで着いたのだって。
帰りは、南インターから高速道路に入ろうとしたら、通行止めになっていて、そのまま一般道路の道道「恵庭・江別線」を通って帰ってきたそうよ。

パパは、「晩御飯が遅くなって、ごめん、ごめん」って言いながら玄関に連れて行って、ご飯を食べさせてくれたの。
ki-yoオババも玄関の廊下に座って、わたしのご飯を食べるのを「こんなに大きくなって、力が強いから大変だ」って言いながら見ていたのよ。

2004.12.15

真っ白になったのよ

今朝、パパが棲家の掃除をしているうちに降り出した雪が、食事を済ましてお外に出たら、一面が真っ白になっていたのよ。

雪ってとても冷たいのね。
私の足の肉球が、冷たい雪の上につくたびに、冷たくて「ヒェッ」って思っちゃったわ。
でも、ふかふかの雪の上って、ただ歩くだけでうれしくなって、庭の中や畑の中を飛び回っていたら、パパが大きな声で「もも、ハウス」って呼ぶので、もっと走り回りたいけど我慢してハウスに入ったのよ。
わたし、とってもおりこうでしょう・・・。

その雪も、午後からのお天気で、すっかり融けてしまったのよ。

2004.12.14

ワァ・・・何するの!

朝食をとった後で、パパが何かを頭から被せて、前足をその中に入れようとするの。

「ワァ・・・何するの?」って、それを咬んで引っ張って、足をばたばたさせたら、片足は下につくのに、もう片足は袋みたいな中で、立てないのよね。すっかりパニックになった私が暴れたので、パパが「よしよし」って言いながらそれを取ってくれたのよ。
パパに「それ何なの」ってすみをくわえて引っ張りながら聞いたら、「パパの古いTシャツを着せてみたのだよ」だって。
それならそうと言ってくれれば、こんなにびっくりしなかったのにね。

私はそのTシャツをくわえて棲家に持って行き、おもちゃにしているのよ。

2004.12.13

ツルリ・・・

夜中の雪がミゾレになり、明け方には小雨になっていたけれど、車庫前の舗装は凍ってツルツル。
パパが、お水を入れたバケツを持って、足元に注意しながら棲家に来て、パパに飛びついたり甘咬みしながら甘える隙も与えずに、リードをつけて係留されたので、私は「うわぁ、つまらない・・・」って言ったけど、お掃除が終わるまで放してくれなかったのよ。

お掃除が終わり、リードから放してくれて、「さぁ、ご飯食べに行こう」ってパパが言ったけど、私はパパに甘咬みしたり飛びついたりして遊んでいたら、パパが「はい、終わりよ」っていうので、何となく止めて、玄関に走っていって待っていたら、パパが来たので、玄関前からパパのところに飛んで行き、その前でUターンしようとしたら足がツルリと滑って、私は横倒しになって滑っていったのよ。
突然に滑ったけど、お庭の中を通るインターロックの通路まで、ツルツルに凍っていたのね。
とっても驚いたわ。

2004.12.12

引っ張りっこしたよ!

041212-111日の土曜日、朝から何度もパパに遊んでもらい、午後から爆睡していて気が付いたらパパは苫小牧のクラブの総会兼忘年会へ出掛けてしまい、今日も夕食はママが出してくれたのよ。

今日は、お昼ころ苫小牧から戻ったパパが、棲家の掃除をしてくれ、私と遊んでくれたけど、もっと遊ぼうよと「クウン、クゥン~」っておねだりしたら、車で海へ連れて行ってくれたの。
いつものように後席に乗って、運転席のほうへ身体を乗り出してパパの顔をナメナメしようとしたら、運転の邪魔になるからといって、荷台にクレートを積み私をそこに乗れと言うの。
荷台の扉を開けて「ハウス」ってクレートを指差すので、荷台にピヨンと飛び乗ろうとしたら、前足は乗せられるけど後ろ足が届かないの。
パパがお尻を抱かかえて乗せてくれたけど、私そんなに太ってはいないのよ。ただピョンと飛び乗るタイミングが悪かったようなの。

いつものケリマイの浜に行き、今日はロングリードで走らせてくれたのよ。でも、うちのロングリードはワイヤーなので足の絡まったら痛いのよね。だから、リードをくわえて引張りっこをしたのよ。
それっ、引け引けってね。

2004.12.10

それっ・・・!

パパは8日から札幌出張で昨夜戻ってきたから、8日の朝以来のご面会だったのよ。
いつもの通り棲家の掃除にきて、私を放してくれたけど、私はパパに飛びつき、咬み付き、精一杯うれしさを表現したわ。パパもうるさがらずにお相手してくれて、とってもうれしかったわ。

お水も凍らなくて、朝まできれいに飲んでしまったから、早速お水を入れてくれたので、お掃除している間にガブガブト飲んでしまったのよ。
お掃除が終わって、玄関で食事をとるときも、一目散に走って行き、ドアの前で座って待つのよ。
ドアを開けて玄関に入っても、食事にかぶりつかずに、パパがよしと言うまで座って待っているの。

パパは、「もももいい子になったね」って頭をナデナデしてくれたわ。

ももパパの一言
昨日はココログのメンテナンスの日で、アップできなかった。結局、出張の2日間、空白が出来てしまった。
まぁ、こんなこともあるだろう。

2004.12.07

何かの呪文なの?

いつも朝の棲家の掃除で、パパが私をノーリードで放してくれるのだけど、うれしくてパパに飛びついて、手袋に咬み付いてひっぱたりして、棲家から出て行かないの。
パパも、それでは掃除の邪魔になるからといって、掃除の手を休めて、しばらく遊んでくれるのよ。

しばらくたつと、「はい、もう終わりだよ」っていって、遊びを止めてしまうのよ。私も「もう、終わりよ」って言われると、なぜか飛びつきも咬み付きも止めてしまうのよね。
パパが「ももはいい子だね」って、頭をナデナデしてくれるから、またうれしくなって飛びつき、咬み咬みすると、「はい、終わり」ってきつく言うのよ。
そう言われると、飛びついたり咬み付いたり出来なくなるのよね。

「はい、終わり」というのは、何かの呪文なのかしらって思うのだけど・・・、どうもよく分からないの。

2004.12.06

一面が白くなったのよ

庭や畑が雪で白くなったのよ。
パパが「雪で白くなったよ」って、ノーリードで放してくれたの。私は、初めての雪なので、はじめたクンクンと雪を嗅ぎまわったけど、ふわふわして気持ちがよいから、うれしくなって走り回ったの。
でも、「もも」の住むところでは、サラッと積もっただけだったけど、日高山脈の反対側の十勝では50センチ以上も積もったのだって。
「ここだって、雪かきが必要なときもあるよ・・・」ってパパが言うけど、そんなに降ったら雪の上をどうやって歩くのだろうが、楽しみにしていようっと。

サラッと積もった雪も、今日の良いお天気でお昼過ぎには融けてなくなってしまったわ。

2004.12.05

大荒れの一日

台風崩れの低気圧が発達しながら、北海道の東の太平洋上を北上したので、昨夜から猛烈な風と雨に見舞われ、今日も大荒れの一日だったのよ。
日高東部に暴風雪、波浪、大雪警報が出ていたけど、午後から幾分風が弱まり気温が下がり、雨がミゾレに変わり夕方には庭が白くなるほどの雪になったのよ。
お陰で、パパは私をどこにも遊びに連れていけなくて、時々棲家に来て遊んでくれたけど、つまらない日曜日になってしまったわ。

今晩も雪が降り続きのだろうか。明日の朝、真っ白な雪の上を走り回れるといいのだけどね。

2004.12.04

海に行ってきたよ

041204-3今日、動物病院で爪を切ってもらい、お耳のお手入れをしてもらってきたのよ。
パパに押さえつけられ、女医先生が足を持って爪をパチンパチンって切るのだけど、私はいやいやって暴れてしまったわ。
体重を量ったら、22キロになっていて、女医先生が「丁度いいですね」だって。パパは安心したみたいよ。

帰りに海に寄ってきたのよ。波の静かで、波打ち際にいっても恐ろしくなかったわ。寄せる波でパチャパチャして、引く波を追いかけて、パパと走り回ってきたの。
昆布がいっぱい打ち寄せられていたけど、これを乾燥させると立派な日高昆布になるのだって。
せっかくだから拾っていこうと、口にくわえて集めたけど、これは漁業者で権利を持っている人しか拾い採集は出来ないんだって。残念だけど、みんな置いてきたわ。

おやつに釣られて「伏せ」が出来るようになったけど、私の伏せは、お尻が浮き気味なんだって。伏せをさせては、パパがお尻を押さえて、まだ浮いているよ・・・って笑うのよ。
そんなこと言ったって、おやつにかぶり付きたいから、体が前に進むでしょう。そしたら後足も前に持ってこないとならないからお尻を上げてしまうのよ。どぉ、道理にかなっているでしょう。

2004.12.03

今日は暖かだったよ

今朝は冷え込んでいたけど、日中は小雨が降り比較的暖かだったのよ。
浦河の今年の11月の平均気温は8.1度で、観測開始以来第2位の高い気温だったと報道されていたけど、平年気温は5.6度だそうだから、2.5度も高かったのね。
パパは燃料代がかからなくて助かったよって言っていたわ。

でも、新潟中越地震の被災地の皆さんは、寒さに向かって大変よね。
心からお見舞い申し上げ、応援していますよ。がんばってくださいね。

今も小雨が降っていて、変に暖かいのよ。
これも南に来ている台風27号の影響なのかしら。
週末は全国的に大荒れだそうだから、またパパに遊びに連れて行ってもらえるかと楽しみにしていたけど、ダメなのね。残念だわ。

2004.12.02

祝・ココログ一周年

今日で、niftyのblog、ココログのサービスを開始して1周年だそうで、おめでとうございます。
「もも」のココログは最近始めたばかりだけど、私の成長日記代わりにがんばっているのよ。

今日も、パパはゴホンゴホンと咳をしながら棲家の掃除に来てくれたので、うれしくなってピョ~ンピョ~ンとジャンプして迎えたの。
玄関で朝食を食べてパパと遊んでいたら、ki-yoオババがやってきたので廊下に上ろうとしたら、私に「ダメッダメッ」って言うのよ。きっとki-yoオババが喜んでいるのだと思って、オババの近くに行こうとしたら、また「ダメッ、ダメッ」って大声を出すから、ますます喜んでくれていると思ったのよ。
パパが、首輪をつかまえて「座って」って言うから、座ったら、いい子、いい子と頭を撫でてくれ、おやつを貰ったのよ。
ダメッっていうのは、どうやらしてはいけないよってことらしいわ。

2004.12.01

パパが大変よ

パパが、土曜日の午後、札幌からバスで帰って来るとき、バスターミナルで待っていたらとても寒かったんだって。
バスに乗って、いつもの調子でコートを脱いでいたら、社内が寒いので高速道路に入ってからコートを着て寒さを防いだけれど、いつもなら暑すぎるくらいの室内も、コートを着ても寒い感じだったというの。
そんな車内でウトウトしながら乗って来たせいか、喉が痛いと言いながら帰宅して、月曜日、また風邪を引いたようだと病院へ行って診てもらってきたけど、今朝は咳き込んでいたのよ。

そんな体調でも、朝は私の棲家の掃除をしてくれ、凍った水飲み器の氷を取りはぶき、水を補給してくれ、玄関で朝食を食べた後もブラッシングしたり、私のジャレ遊びにも付き合ってくれるのよ。

ママは、私が飛びつくと耐え切れないからといって、夜のお食事を棲家に運んできて、私が食事をしている間に棲家の掃除をしてくれるの。でも、遊んではくれないからつまらないのよね。

あっ、そうそう。今朝、川の方から「グワグワ」って大きな鳴き声が聞こえてきたの。
私、いつものようにその声を聞きつけ、あれは何・・・って、固まっていたら、パパが「あれは白鳥さんの朝の挨拶だよ」って教えてくれたのよ。
白鳥さんって、ガヤガヤと騒がしいのね。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »